通信くさぶえ 766号

荒れた天気が続きそうです。

 先週は暖かく、強風の日があったり、また寒さが戻ってきたり、と三寒四温というには、変化が激し過ぎました。荒れた天気は今週も続きそうです。雪は少なめで、積雪によるハウスの倒壊の危険は少なくて安心ですが、今度は強風によってハウスに被害が出ないか、心配です。なかなか穏やかな気持ちで季節の移ろいを感じることが出来ません。

 荒れた天気が続いているせいか、今年は綺麗な虹を見る機会が多いです。農園の畑を囲む山林にかかる虹はダイナミックで美しいです。自然は、脅威を与える一方で、時として美しい姿を垣間見せてくれます。

news766_1

播いた種子が芽を出しました!

 2月に入って、小松菜などの葉菜類やカブ、ミニニンジンなどの種まきが始まりました。これらの芽が出てきました。4月からお届け出来るように栽培していきます。画像は、小松菜、水菜、レタスなどの発芽です。電熱線を敷いた電気温床の上で育てています。育苗ハウス内も少しずつ賑やかになってきています。これから順次、ハウスへの定植も始まります。

 また、冬の間お届けしてきた小松菜などの後作に、カブやミニニンジンを直播きし、カブの芽も出てきました。3月からはいよいよ果菜類の種子播きも始まります。そろそろ新しいシーズンが始まり、忙しくなってきます。

news766_2

越冬キャベツがそろそろ終了となります。

 今年の越冬キャベツはそろそろ終了となりますが、いかがでしたか?低温で貯蔵してきて、適度に水分が抜けて、甘みが増して、まだまだ美味しいです。

 ただ、数枚剥いた中に、黒い点のような、シミのようなものが出てきたものが増えてきました。これは畑で生育中のカルシウムなどの欠乏症や、凍害による障害が原因だと思われます。カビなどではありませんので、その部位を取り除けば、問題なく食べられます。

 あまり症状が目立つものは確認して取り除いていますが、葉の中にあるため、見落としているものもあるかもしれません。そのため、少し増量してお届けさせていただいております。

 症状を見落としているキャベツがありましたら、ご連絡ください。次回、他の野菜を代わりに入れさせていただくなどの対応をしたいと思います。よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする