通信くさぶえ 618号

旬をおいしく  白菜

 今年はキャベツと白菜が今まで以上に良い状態で保存出来たように思います。品選びから始まって栽培方法などから見直した結果、また貯蔵庫の改良に取り組んだ結果だと思います。いよいよキャベツが残り少なくなってきましたが、白菜はまだもう少しありそうです。

こんがり☆白菜生姜焼き(一人分)

材料

 白菜 2~3枚
 小麦粉 適量
 ごま油 適量
 aしょう油 大さじ1
  料理酒 大さじ1
  おろし生姜 一片分

作り方

  1. 白菜は大きめにザクザク切り、小麦粉をまぶします。ムニエルを作るときほどしっかりつかなくても大丈夫。大さじ1~2くらいの小麦粉がなんとなく白菜になじんでいればOKです。aを合わせて生姜焼きのタレを作っておきます。
  2. ごま油を熱して白菜を並べ、焦げ目がつくまでじっくり焼きつけます。裏返したら火を弱め、蓋をして3~4分蒸し焼きに。最後に火を強めて焦げ目をつけたら、aの生姜焼きのタレをジャッとからめて完成です。
(「izumimirunのvege dining 野菜のごはん」 庄司いずみ 扶桑社より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする