通信くさぶえ 534号

台風の影響が少なくてホッとしています。

 先週は台風4号と台風5号の影響で大雨となりました。台風4号はほぼ直撃コースとなり、激しい風雨を覚悟していましたが、思ったよりも風は弱くてすみました。台風5号も日本上陸前に温帯低気圧に変わりました。大雨にはなりましたが、農作物への被害はほとんどなくてホッとしました。

 ただ、前回通信で紹介させていただいた葉タマネギは、台風4号の風で葉が全て倒れてしまいました。もともと収穫期を迎えるとタマネギの葉は倒れてくるものですが、倒れやすくなってきたところに強い風を受けて一気に倒れてしまったようです。そのため、葉タマネギでのお届けは出来そうにありません。申し訳ありません。その分、タマネギでのお届けを期待していてください。

ブログを分かり易いように作り変えています。(その4)

 今回からブログの「くさぶえ野菜と出会えるお店」を紹介させていただきます。くさぶえ農園から定期的に野菜をお届けさせていただいているレストランです。どのお店もとても素敵です。機会がありましたら、是非お出掛け下さい。お店はアイウエオ順で紹介していきます。

■YUSHI CAFE(℡ 0267-53-1043、http://www6.ocn.ne.jp/~yco/)

 同じ望月町内にある素敵な喫茶店です。店主の高塚 裕士さんが、骨董屋を営んでいたおじいちゃんの家を譲り受け、自身も埼玉県より移り住んできて、2005年に素敵な喫茶店を開きました。それが「YUSHI CAFE」です。

 おじいちゃんの家は純和風の家屋でしたが、知り合いの大工さんと裕士さんが手作りで改装しました。いたずらに手を入れるのではなく、昔の日本の家屋の良さを残しつつ、机や椅子、調度品も古き良き物を配置しながらも、それらのものが統一感を持ってスタイリッシュにまとまっていて、裕士さんのセンスの良さを感じさせます。なかなか上手く言葉で伝えられませんが、一度行ってみると、とってもホッと落ち着く空間で何度も行きたくなる気持ちが分かるかと思います。望月まで来られる機会があれば、是非行ってみて下さい。

 「YUSHI CAFE」では、有機栽培のコーヒー豆を自家焙煎し始めたり、大きな石釜を作り始めたり、メニューを少しずつ充実させようとしています。その他のメニューも一見すると普通の品揃えですが、その一つ一つにストーリーがあって、裕士さんのこだわりが感じられます。

 「YUSHI CAFE」に集まる方々を見ていると、様々な分野で面白そうなことをやっている人たちがこの近辺には沢山いるんだなあ、ということが分かります。常連さん曰く、「困ったことがあったら、YUSHI CAFEに来れば解決するよ」というのが頷けます。世代の違いや分野の違いなどの垣根を超えて、いろいろな人たちが「YUSHI CAFE」に集う。そんな素敵な空間です。

 くさぶえ野菜もお店で使っていただいています。また、余剰となった野菜やはぶき野菜などを裕士さんのご好意でお客様にお分けするといった試みも始まっています。望月にお立ち寄りの際には是非訪ねてみてください。

Yushicafe

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする