通信くさぶえ 515号

これからは通年でお届けしたいと思います。

 一昨年からミニ野菜セット「春待ちセット」に取り組みながら、くさぶえ野菜を通年でお届け出来るように試みてきました。昨年は4月と5月にお休みをいただき、途切れ途切れになってしまいました。この時期は冬から春への季節の変わり目で、野菜の種類や栽培方法など課題がまだまだ沢山あります。

 今年は何とか途切れずにお届け出来るように冬野菜用のハウスを増やしました。この寒さの中、芽を出しばかりのような小さい葉物野菜たちが頑張って、少しずつですが育ってきています。

 昨年よりも作付けを増やして、「春待ちセット」を準備していますが、天候や野菜の生育状況によって、お休みをいただくこともあるかもしれません。今年の「春待ちセット」はどうなるか、ご期待ください。

News515

旬をおいしく  花豆

 今シーズンは花豆は豊作でした!少しずつですが全員にお届け出来ると思います。花豆は冷涼な気候を好み、標高が低い所では実が付かないようです。軽井沢や佐久地方の花豆は特産品の一つになっています。

 今年も定番の甘煮を紹介します。ゆでた花豆を使って、サラダ野菜と一緒にドレッシングで和えた、豆サラダも美味しいです。

花豆の甘煮

材料

 花豆 150~200g
 砂糖 3/4~1カップ弱(砂糖は花豆と同量が基本)
 塩 小さじ1/4

作り方

 花豆は5倍ぐらいの水に浸け、1晩かけて十分に吸水させ、丸くふくらんでシワがないぐらいにしておきます。

<圧力鍋の場合>

  1. 吸水させた花豆を浸け汁ごと圧力鍋に入れて煮る。
  2. 1回目は、加圧し7分ぐらい煮て、じっくりと冷ました後、ゆで汁をこぼし取り替える。
  3. 2回目は、加圧し5分ぐらい煮て、またじっくり冷ます。その後、お好みの味に調味する。

<普通の鍋の場合>

  1. 吸水させた花豆を浸け汁ごと鍋に入れて、中火にかけて煮る。
  2. 煮立ったらゆで汁を捨て、新しく豆の5倍ぐらいの水を入れて、中火にかけ、煮立ったら弱火にして蓋をして、吹きこぼれないくらいの火加減で柔らかくなるまで煮る。その後、お好みの味に調味する。

野沢菜漬けは終わってしまいました。

 先日、「通信で紹介している野沢菜漬けを次回入れてください」とお客様から連絡がありました。今シーズンの野沢菜漬けは少し量が少なかったため、全員にお届け出来ずに終わってしまいました。大変申し訳ありませんでした。来シーズンは全員にお届け出来るように作りたいと思いますのでご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする