通信くさぶえ 469号

ミニ大根が腐ってしまいました。

 今年は本当に寒い日が続いています。農園では最低気温がとうとうマイナス15.5℃まで下がりました。ハウスの中の葉物も寒そうでなかなか大きくなろうとしません。もうしばらくは冬の寒さにじっと耐える日が続きそうで、暖かい春が待ち遠しいです。

 前回の通信に、「ミニ大根は貯蔵ハウス内でも比較的陽の当らない所にあったので保存状態は良いものが多いです。」と書きましたが、お届けし出した最初の品種を除きほぼ全部が傷み始めていました。品種によって日持ちがかなり違うようです。もったいないことをしてしまいました。

 大根の貯蔵にはハウスの中では暖かすぎたようです。前回の通信に書いたように、遮光シートに代えてからのハウス内の温度を把握する必要がありますが、大根の保存方法はもう一度考え直してみようと思います。

 研修させていただいた由井さんから多少は大根を分けてもらえそうですが、これから春まで大根のお届けが少なくなってしまい申し訳ありません。ご迷惑をおかけします。その分、出来の良いホーレンソウや下記のお餅などを増量したいと考えていますので、ご理解いただければ幸いです。

 インフルエンザも流行ってきました。この寒い冬を栄養たっぷりのくさぶえ野菜で乗り切っていきましょう。

お餅をお届けします。

 今年もお餅をお届けします。無農薬で育てたもち米です。今シーズンはうるち米の苗の出来があまり良くなくて、出来の良かったもち米の作付けがいつもより多かったので、もち米が2俵以上あります。家庭用の餅つき機で搗いて、少しずつお分けしたいと思います。上述したように、いつもより少し枚数を多くしてお届けさせていただきます。

 お餅は、冷暗所や冷蔵庫で保存して、なるべく早めに食べてください。カビが生えやすいので、ご注意願います。すぐに食べない場合には、冷凍保存がおすすめです。

News469

大根漬けをお届けします。

 前回の通信に書きました、大根漬けが漬け上がってきましたのでお届けします。米麹は使っていませんが、どちらかというとべったら漬け風の甘味のある大根漬けで、子ども達にも人気があります。皮をむいた大根を塩で下漬けして、水が上がったら、砂糖、みりん、酢、酒で本漬けしました。食べ易い厚さに切って召し上がってください。

 冷蔵庫で保存して早めに食べきってください。お味の方はいかがでしょうか?食べた感想をいただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする