通信くさぶえ 869号

暖かい日が続いています。

 3月を思わせるような暖かい日が続いています。それでも朝晩はまだ寒く、日中も気温が上がらない日があり、体調管理が大変です。暖かくて過ごしやすいのは良いのですが、貯蔵している野菜にはまだもう少し気温が低めであって欲しいです。また、農園から見える雪を被った山々も春に見るような姿です。このままいくと水不足など起きないのか、心配になってきます。

 気象庁の発表によると、3月に入っても気温の高い傾向が続くと見られ、3月2日(土)頃からの1週間の平均気温が平年より2~3℃高くなる見込みだそうです。

 この後も、3月から5月にかけて全国的に気温が高く、特に4月にかけて高温傾向が続きそうで、やはり今年の春は早くやって来そうです。

小さめの大根をお届けさせていただきます。

 これまでお届けしてきた、大根の「粋なやつ」は終了となりました。代わって、「冬自慢」の小さめのサイズの大根をお届けさせていただきます。

 「冬自慢」の普通サイズのものは、「粋なやつ」の前にお届けさせていただきましたが、これからお届けする小さいサイズの「冬自慢」は収穫の際に小さめの大根を選り分けておいたものです。

 冬の大根の保存状態を見ていると、2月以降になると小さい大根の方が大きい大根よりも状態が良いようなので、小さめの大根を選り分けて貯蔵してきました。

 小さめの大根を重さによって詰め合わせてお届けさせていただきます。まだまだ生のままサラダでも美味しく食べられると思います。もちろん煮ても美味しいですので、いろいろとご活用ください。

水菜の本葉が出てきました!

 前回の通信で紹介した、育苗ハウスの小松菜や水菜の苗が順調に育ってきています。緑が濃くなってきて、本葉が出てきました。画像は前回の通信から1週間経った水菜です。少しずつ生長していく姿は、いつ見ても楽しいものです。

news869_1

ホーレンソウの根がしっかり張っています。

 画像はホーレンソウを収穫した土の表面にホーレンソウの白い根が出ているところです。ホーレンソウが土の中でしっかりと根を張っているのが分かります。びっしりと細根が生えていて、ここから水や栄養を吸収して、寒い冬を乗り切ってきたのでしょう。お届けしているホーレンソウが美味しいのも納得していただけるのではないでしょうか?

news869_2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする