通信くさぶえ 546号

今年もまだまだトマトがとれそうです。

 ここ数年、ようやくトマトの栽培が少し見えてきたように思います。今年はまとまってとれ始めるのが遅かったのですが、9月に入っても実割れのしたトマトは少なくて、安定した収量が確保出来ています。画像のトマトは収穫の最盛期を迎えていて、現在5~6段目を収穫しています。この他にも、遅出し用で現在1~2段目を収穫しているトマトも順調で、10月に入っても収穫が見込めそうです。今年もまだまだトマトを楽しんでいただけると思います。

 一方、畑ではキャベツやスティックセニョールなどや小松菜、からし菜、チンゲンサイ、ミニレタスなどが育ってきています。大根もびっくりする程大きく育ちました。来週ぐらいからはいよいよサツマイモもお届け出来そうです。収穫の秋がそろそろやって来ます。

News546_1

自由の森学園の夏の体験学習 2012 感想文 PART.8

News546_2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする