通信くさぶえ 802号

先週末は台風22号でした。

 先々週末には台風21号が日本列島に上陸していきましたが、先週末は台風22号が日本列島をかすめていきました。雨が続いているため、今回は農園の畑の中にある、いつもは水が流れていない用水路にも水が流れていました。雨続きで、農作業が進まず、畑の作物が心配で、もう雨は勘弁して欲しいです。雨は長く降りましたが、今回も大きな被害がなく過ぎていき、ホッとしています。

 11月は晴れの日が多いという予想が出ていますので、期待したいと思います。ただ、晴れの日が多く、放射冷却により朝晩の冷え込みが厳しいという予報も出ています。農園の畑にも、霜が降りる日が出始めました。周りの木々も紅葉が進んできています。また、10月下旬になって雪虫も見られるようになってきました。雪虫は体全体が綿で包まれたようになるアブラムシの仲間の昆虫です。雪虫が飛ぶようになると、そろそろ雪もちらつくようになるのかなあ、と思います。今年の冬は早くやって来るのでしょうか?

 11月は冬野菜の収穫時期を迎えます。もうしばらくは冬野菜がしっかりと育つような好天が続くことを願っています。

news802

今週から普通便(陸便)でお届けさせていただきます。

 今週からは、クール便ではなく、普通便(佐川急便では陸便と呼びます)へ切り替えて野菜をお届けさせていただきます。そのため、クール代432円(1箱当たり)がかからなくなります。野菜の代金が代わりますので、ご確認ください。

 また以前お知らせしたように、11月から野菜代金を改定させていただきます。今までの野菜代に100円+消費税を追加させていただきますので、よろしくお願いいたします。

カボチャ「白い九重栗」をお届けさせていただきます。

 キュアリング処理も終わり、カボチャをお届けさせていただきます。くさぶえ農園では、カボチャとサツマイモの貯蔵性を高めるためにキュアリング処理を行っています。カボチャでは、気温25~30℃、湿度70~85%で10日間を目安に行っています。腐敗防止に効果があり、デンプン質の減少と全糖の増加を促進して、美味しいカボチャに仕上げていきます。

 今年は「白い九重栗」をお届けさせていただきます。ホクホクした美味しい冬至カボチャです。皮が緑色の「九重栗」の方は、水分が多く、柔らかいカボチャになってしまいました。「白い九重栗」の方は畑と相性が良いのか、ホクホクのカボチャに仕上がるのですが、「九重栗」はどうも畑に合わないのかな、と思っています。

 そのため、「九重栗」のお届けは今年は控えさせていただきます。ただ、味は良いので、ポタージュなどにすると美味しくいただけます。ポタージュ用に欲しい、という方はご一報ください。よろしくお願いいたします。

■31日(火)に強い霜が来ました。最低気温はマイナス1.8℃まで下がり、特に葉菜類や大根などの葉先が霜にやられてしまいました。霜害に遭った葉も多少混じりますが、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする