通信くさぶえ 629号

野菜の宅配業者を佐川急便(株)に切り替えさせていただきます。

 通信627号に少し書きましたが、今回のヤマト運輸の値上げは、運賃の30~40%の値上げを提示されました。これでは今までよりも1箱300円近くの値上げになってしまいます。また交渉の余地などなく、この値段で納得いかないのなら他でやってもらって結構です、という非常に厳しい対応でした。小さい取引先は切り捨てるという印象を受けました。ヤマト運輸はこれまでのような地域に密着したやり方から、インターネットの通販などのより広い世界での物流に主軸を置くように方向転換するように受け取りました。

 そこで同じような有機農家同士で情報を交換したり、相談したりしてきました。小さい農家も集まれば佐川急便と交渉の場につくことが出来ました。

 今までは地域密着型のヤマト運輸の宅配を信頼してきましたが、今回のヤマト運輸の今まで以上の大幅な値上げに対して、佐川急便の方がこれから野菜の宅配などにも力を入れていこうという姿勢が感じられたこと、佐川急便の宅配の品質も予想以上に改善されてきていると感じられたこと、佐久営業所の所長さんがとても丁寧に対応してくださったことで、これから良い信頼関係が築いていけそうだと思えたこと、何よりもこれ以上大幅な値上げをしたくないことなど、総合的に検討した結果、野菜の宅配を佐川急便に切り替えることにしました。

 今回の野菜代金の価格変更は以下の通りです。クール便でない宅配(佐川急便では陸便の通称)の価格は据え置き、あるいは若干の値下げとなっています。クール便では、通常宅配などは100円強の値上げとなってしまいます。佐川急便ではクール便は専用車での取り扱いとなるため、料金体系がヤマト運輸と若干違います。一方、箱のサイズの小さい、「春待ちセット S」や「春待ちセット ミニ」では価格据え置き、あるいは若干の値下げとなっています。分かりづらいですが、ヤマト運輸の宅配を続けた場合の値上げよりは価格を抑えることが出来ました。

 お客様にはご迷惑をおかけしてしまいますが、これからも野菜の宅配を続けていくために、どうしても必要な選択だと考えました。どうぞご理解いただきますよう、宜しくお願い致します。

通常宅配 Lパック 通常宅配 Mパック 通常宅配 Sパック
¥3,780円(うち消費税分280円)
クール便の場合は
¥4,212円(うち消費税分312円)
¥3,240円(うち消費税分240円)
クール便の場合は
¥3,672円(うち消費税分272円)
¥2,700円(うち消費税分200円)
クール便の場合は
¥3,132円(うち消費税分232円)
「春待ちセット L」 「春待ちセット M」 「春待ちセット S」
¥2,916円(うち消費税分216円)
クール便の場合は
¥3,348円(うち消費税分248円)
¥2,484円(うち消費税分184円)
クール便の場合は
¥2,916円(うち消費税分216円)
¥1,944円(うち消費税分144円)
クール便の場合は
¥2,376円(うち消費税分176円)
「春待ちセット ミニ」
クール便 ¥2,484円(うち消費税分184円)

 佐川急便による宅配は、こちらも佐川急便側もこれから関係を作っていくことになりますので、万一、ご満足のいかない点などありましたら、早めに連絡をいただければ幸いです。佐川急便も出来るだけの迅速な対応をしたいと言っていただいているので、これからの宅配に必要なご意見、ご要望がありましたら、宜しくお願い致します。時間のない中で大きな変更となり、十分な告知期間が取れずに申し訳ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする