通信くさぶえ 908号

12月分のゆうちょ口座からの自動払い込みの引き落とし日について・・・

 12月分のゆうちょ口座からの自動払い込みの引き落とし日についてお知らせします。ゆうちょ銀行の年末年始の休業のため、引き落とし日は12月30日(月)になります。再引き落とし日は年明けの1月10日(金)です。年末年始の忙しい時期ですが、よろしくお願いいたします。

 話は変わりますが、2日(月)の雨の止んだ時に綺麗な虹がかかりました。分かりづらいですが、2重の虹でした!

news908_1

「ちぢみ小松菜」をお届けさせていただきます。

 台風19号の雨水がトマトを栽培していたハウスにも思った以上に流れ込んでぬかるんでしまい、トマトを片付けて、次の水菜などの畑の準備のためのトラクターの耕耘作業などがなかなか出来ませんでした。そのため、次作の水菜などの定植が遅れてしまい、例年ならもうそろそろ収穫時期となるのですが、今シーズンはもう少しかかりそうです。

 一方、台風が来る前に畑の準備をして播種した小松菜やちぢみ小松菜は順調に育ってきています。今週は小松菜2種をお届けさせていただきます。くさぶえ農園では定番となってきた「ちぢみ小松菜」は、小松菜にちぢみ菜の血が導入されていて、歯触りが良く、食感が優れています。普通の小松菜との違いを食べ比べてみてください。

news908_2

旬をおいしく  赤カブ

 今週は、赤カブをお届けさせていただきます。赤カブは彩りを生かして、生のままサラダや酢漬け、マリネなどで食べてみてください。サッと湯がく程度なら、色もそれ程ぬけず、柔らかくなって美味しいと思います。うちでは下記のレシピの酢液以下を1割減ほどで少し薄めに作っています。

赤カブの甘酢漬け

材料

 赤カブ 1kg
 ふり塩 50g
 酢液
  酢 1カップ
  みりん 40cc
  砂糖 50g
  塩 20g
 コンブ 10g
 赤トウガラシ 3本

作り方

  1. 赤カブを洗い、葉を切り落とし、カブは3~4mmの半月か輪切りにする。
  2. ふり塩をして、一日塩漬けする。
  3. みりん、砂糖、塩を煮立て、砂糖と塩を溶かす。冷めてから酢を加えて酢液を作る。
  4. 容器の底にコンブをしき、塩漬けした赤カブを並べ、刻んだコンブと刻んだ赤トウガラシをところどころに散らしながら、カブと交互に漬ける。
  5. 上段にコンブをのせ、酢液を注ぎ、押しぶたと重石(600gぐらい)をして、冷所で3日ほど漬ける。食べるときは、(お好みで)とり出したまま放射状に切って食べる。
(「家庭でつくるこだわり食品 2 野菜」 岩城由子より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする