通信くさぶえ 898号

台風15号による被害が長期化しています。

 台風15号による被害が甚大で、千葉県では停電や断水が長期化しています。くさぶえ農園から千葉のお客様に野菜を発送しようとしましたが、ヤマト運輸では荷受けしてもらえず、少しではありますが、その被害の大きさを実感しています。

 停電や断水、住宅の損壊など、人命や生活に関わる被害が大規模に起きていますが、農業の分野でも大きな被害になっているようです。本当に他人ごとではなく、これからはどこででも起こりえることだと思います。被害に遭われた方々が一日も早く普通の生活に戻られることを祈っています。

10月から消費税率が10%に引き上げられます。

 10月1日から消費税率が10%に引き上げられます。それと同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。この軽減税率制度が複雑で、農繁期の最中ですが、対応に迫られています。

 軽減税率は、飲食料品や新聞などに適用されるため、くさぶえ農園で生産、販売している野菜にも適用されます。

 しかし、送料や箱代などは野菜を運ぶ目的であっても、飲食料品の譲渡の対価、つまり食品の軽減税率の対象ではありませんので、10%の税率で課税されます。

 ただ、飲食料品の料金に送料などが含まれており、別途送料などを請求しない場合には、送料なども含めた価格が軽減税率の対象となります。

 別途、送料などが加算される場合には軽減税率の対象にならず、10%の消費税率となります。

 ややこしい話ですが、消費税の性格上、農園から宅配業者やダンボール製造業者へ支払う代金は標準課税の10%の消費税率が課税されます。実質の負担増となるため、いろいろと検討してきました。

 そこで、10月1日から野菜代金と送料・箱代を区分させていただきたいと思います。野菜代金については軽減税率が適用され、送料・箱代については10%の消費税が課税されます。今までの野菜料金に送料・箱代の消費税の2%増税分が上乗せとなります。サイズなどにより違いますが、1箱につき20円前後の加算になります。具体的な価格については次回の通信でお知らせしたいと思います。

 消費税増税でお客様のご負担が増える形となり、心苦しいのですが、ご理解いただければ幸いです。これからも、くさぶえ野菜をお届けしていくためによろしくお願いいたします。

ニンジンが育ってきています!

 今シーズンの秋冬用のニンジンが順調に生育してきています。播種時期が、7月の天候不順から8月の猛暑へと切り替わるタイミングで、発芽率が少し低く、心配していました。大豊作だった昨年のようにはいきませんが、このまま無事に収穫までたどり着ければ、春までのニンジンは何とか確保出来そうです。

 このニンジン「らいむ」の葉が伸びてきて、一面淡い緑となる、この景色が個人的にとても好きです。

news898

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする