通信くさぶえ 891号

ようやく梅雨明けしました。

 7月29日に関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると、気象庁から発表がありました。関東甲信地方の梅雨明けは、記録的に早かった昨年よりちょうど1か月遅く、平年より8日ほど遅いです。

 梅雨が明けて、夏空が広がってきましたが、天気が急変して、ザッと強く雨が降る日が続いています。この後は一転して猛暑となる予想ですが、熱中症に気を付けながら、遅れに遅れている農作業を進めていきたいと思います。そして、夏野菜も元気になって勢いづいてもらいたいです!

トウモロコシの収穫を始める時期を少し早めています。

 先週から少しずつトウモロコシ「ゴールドラッシュ」をお届けさせていただいております。今シーズンは、収穫時期をいつもより少し早めにしています。「ゴールドラッシュ」は従来品種より受粉後の登熟が早いので、先端部がやや未熟な状態で収穫適期となるそうで、とり遅れはしなびの原因となってしまいます。

 実の先端部がやや未熟な状態のものを食べてみると、甘味もあって、皮が柔らかくて美味しかったです。実がしっかり熟してきたものもトウモロコシらしい味わいが楽しめますが、人によって好みが分かれるところではないでしょうか?どちらの状態のトウモロコシも楽しんでいただけたら、と思います。

 また、トウモロコシを収穫の際に、害虫のアワノメイガの食害と熟度の確認のため、先端の皮を開かせていただいております。ひどいものは除いていますが、実の先端に少し食害のあるものは取り除いてお届けさせていただきます。食べられていない部位の味には問題はありませんので、ご了承ください。

ジャガイモに疫病が出てしまいました。

 今年のジャガイモは今まで以上に生育が良かったように見えましたが、雨も多く、天候不順の影響で疫病が発生してしまいました。「キタアカリ」から疫病が広がっていき、「アンデスレッド」もかなりやられましたが、「こがね丸」は疫病が移ってきていますが、これ以上やられないようになんとか踏みとどまっているようです。品種によって随分様子が違います。

 地上茎はかなり枯れ上がってしまいましたが、それまでの生育が良かったので、このままイモの状態を見守っていきたいと思います。疫病の菌もイモまで入っていかなければ問題なく食べることが出来ます。ジャガイモには収穫期までもう少し頑張って欲しいです。

ズッキーニの「もっと、くさぶえ野菜」も始めます!

 キュウリに引き続き、ズッキーニの「もっと、くさぶえ野菜」を始めさせていただきます。ただ、7月の郵便自動払込の手続きには間に合いませんでしたので、郵便自動払込をご利用いただいているお客様のズッキーニの「もっと、くさぶえ野菜」代金については次回の野菜代金に計上させていただきます。分かりづらくなってしまい申し訳ありませんが、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする