通信くさぶえ 882号

とにかく暑いです。

 まだ5月だというのに、暑い日が続いています。27日には、北海道佐呂間町で、39.5℃を記録し、5月として全国の観測史上最高気温を更新しました。くさぶえ農園でも30℃を超えて、雨がなくて暑いので、畑がカラカラに乾いてきています。

 これまで日中は気温が上がるのですが、朝晩は気温の低い日が多かったです。ようやく暖かくなってきたら、、今度は昼間は初夏のような陽気となり、雨が少なめで、野菜にとってなかなか厳しい状況が続いています。28日の夜から29日の明け方くらいまで久し振りの雨予報が出ているので、恵みの雨となることを期待しています。

今年の夏の天気は?

 こんなに5月が暑いと、この夏も酷暑となるのか、心配になってきますが、3ヶ月予報によると、6月は、太平洋高気圧の本州付近への張り出しが弱く、梅雨前線の北上は平年に比べて遅くなる予報となっています。また、梅雨明けが遅れる可能性もあるそうです。

 8月もエルニーニョ現象が続き、太平洋高気圧の本州付近への張り出しは弱い予報です。そのため、夏空が少なく、天候不順の夏となる可能性があります。また、太平洋高気圧の張り出しが弱いため、台風が日本付近に接近しやすくなる恐れもあります。

 今年は極端に暑い日は少なくなりそうですが、実際にはどうなるのでしょうか?この春の天候を見ていると、天候の変化の激しい傾向は続いていくような気がしてしまいます。

露地栽培の野菜に移行していきます!

 これまでハウスで栽培してきた野菜を中心にお届けしてきました。露地で栽培している野菜も大きく育ってきています。

 通信875号に書きましたが、露地栽培の畑に今年は太陽熱養生処理を行ってきました。寒い時期なので、雑草が生えてしまった所もありましたが、概ね上手くいったと思います。播種したり、定植したりした後は、不織布をべたがけして、裾は土をかけて害虫の侵入を防いできました。このように手間をかけて栽培してきた野菜は、上手く育ってきてくれたと思います。

 これからはこの露地栽培の野菜に移行していきます。

news882

カブや大根の中が黒くなっているものがあります。

 これまでお届けしてきた、ハウス栽培のカブや大根の中が黒くなっているものが混じっているようです。外見からは分かりませんので、申し訳ありませんが、ご一報ください。次回のお届け時に、代わりの野菜を入れさせていただきたいと思います。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

 一方、露地栽培のカブや大根は太陽熱養生処理を行ったおかげもあって、順調に育ってきていると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする