通信くさぶえ 866号

今年一番の積雪の後は春の陽気です。

 31日(木)にまとまった雪が降り、15cmほどの積雪となりました。今年一番の積雪となりましたが、例年よりも少なめです。その後、先週末からは暖かくなり、4日(月)には8℃まで上がりました。春のような陽気となり、雪がほとんど消えてしまいました。この後も気温が上がったり、下がったりするようですし、6日(水)と9日(土)に南岸低気圧がやって来るようで、まだまだ雪の心配な季節が続きます。

news866_1

オークレタスをお届けさせていただきます。

 毎年、この時期に緑と赤のオークレタスを栽培しています。オークレタスのように結球しないレタスは寒さにも強いため、越冬栽培が可能です。

 これまで栽培してきたオークレタスの種子の販売が終了となってしまったため、今シーズンは残っている今までのオークレタスの種子と、別の種苗メーカーのオークレタスの種子の両方を栽培してきました。

 同じオークレタスという名前ですが、特に緑色のオークレタスは随分容姿が違っています。新しいオークレタスの方が緑色が濃く、葉もしっかりとしています。味の方はいかがでしょうか?

 緑の野菜が少なくなってくる時期で、貴重なレタスになると思います。水菜や大根などと合わせてサラダで召し上がってみてください。

news866_2

「小ネギ」の種子を播きました。

 2月になり、少しずつ農作業が始まってきました。この冬、ハウスで栽培してきた水菜を収穫した畑を耕して、肥料を播き、小ネギの種子を播きました。画像は種子を播き終わったところで、この後不織布をべたがけして保温します。5月下旬頃にはお届け出来るようになると思います。

 これから、冬の間栽培してきた小松菜やホーレンソウなどの後作として、カブを播いたり、葉菜類を育苗して定植したりしていきます。まだまだ露地の畑は凍っていますが、ハウスの中では少しずつ新しいシーズンが動き始めています。

news866_3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする