通信くさぶえ 844号

W台風の通過後は厳しい暑さが戻ってきました。

 台風20号は、西日本を縦断して、被害をもたらしていきました。くさぶえ農園周辺では、特に被害はなく安堵しています。台風の被害状況をテレビなどで観ていると、台風の進路によってはどこにでも起こりうる被害だと思い、胸が痛みます。

 台風19号、20号が通り過ぎていった後は、また厳しい暑さが戻ってきました。残暑というよりは、まだ夏本番の暑さです。ただ、朝晩は涼しくなり、昼間も吹き抜ける風は秋を感じさせるようになってきています。もうしばらくはこの暑さが続くようで、農作業は大変ですが、夏野菜にもうひと踏ん張りしてもらいたいと思います。

トウモロコシは今週で終了です。

 畑のトウモロコシも残り少なくなってきました。今週で今季のトウモロコシは終了となります。ただ、最後のトウモロコシに病気が広がり出してきていて、実がしっかりと太ってこないものもあり、収量が少なくなってしまいました。先週からお届けする量を減らさせていただきましたが、今週も少なめのお届けとなります。アワノメイガの食害も増えてきていて、最後ですので、多少食害のあるトウモロコシも入れさせていただきます。より多くのお客様にお届けさせていただきますので、ご了承ください。

 また、トウモロコシの「もっと、くさぶえ野菜」は先週で終了させていただきました。今年もたくさんのお客様に喜んでいただけたようです。ありがとうございました。

旬をおいしく  セロリー

 セロリーがようやく出来てきました。今年は高温、干ばつだったので、水分がたっぷりと欲しいセロリーには厳しい天候でした。そのため、小さめで、かためになっていますが、筋を取れば、香り高い味を楽しむことが出来ると思います。

 くさぶえ農園で栽培しているセロリーは、緑色が濃くて、香りが強い、ミニセロリーと呼ばれる品種です。ミニと言っても、大きなものは1㎏近くの大きな株になります。生で食べたり、火を通したり、いろいろとお楽しみください。茎の筋が気になる場合には、取り除いて食べてください。

 セロリーの茎を食べやすい大きさに切り、一口大の鶏もも肉や豚肉と一緒に炒めるととても美味しいです。セロリーはシャキシャキ感を残して、味付けはさっぱりと塩とコショウ、好みで日本酒や紹興酒で香りをつけても美味しいです。

 たくさんある葉は洗って冷凍保存して、スープなどに凍ったまま、崩しながら入れれば、パセリ代わりになります。また、フランス料理のシェフにまかない料理として、セロリーの葉を天ぷらにして天つゆで食べると美味しいと教わりました。蕎麦屋の店主からは蕎麦のつゆの具として、セロリーがとても合うとも教えていただきました。是非、いろいろと試してみてください。

news844

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする