通信くさぶえ 827号

新緑が綺麗です。

 今年は桜の開花も早く、その後の木々の芽吹きも早めです。カラマツの緑も日に日に濃くなってきています。GW前半は初夏のような暑い日が続きました。今年はハウスが乾きやすくて、いつも以上に水やりをしているのですが、なかなか追いつきません。

 GW後半は寒の戻りがあり、荒れた天気となりそうです。今年は天気の変化がいつも以上に激しそうで、この先が心配です。天気の変化をにらみながら、忙しくなってきた農作業を少しずつ進めていきたいと思います。

旬をおいしく  ルバーブ

 今年はルバーブの生育も早いです。今週から少しずつですが、お届けさせていただきます。ルバーブは、ヨーロッパではポピュラーな野菜で、品種もサラダ用やジャム用などがあるそうです。くさぶえ農園のルバーブは知り合いの料理研究家の方から分けていただいた、イタリアのジャム用の品種です。

 ルバーブは簡単にジャムに出来ます。生のルバーブを水洗いして水気を切ってから、ざく切りにして冷凍保存も可能です。ルバーブは酸味とペクチンが多いので、30分も煮ればとろみがつきます。下記のレシピは、300ccの保存ビン5本分相当ですので、参考にしてみてください。しょうが汁はお好みで、レモン汁にしてもいいですし、入れなくても大丈夫です。また、クイックブレッドも美味しいですよ。

ルバーブジャム

材料

 ルバーブ 1kg
 砂糖 700~800g
 しょうが汁 大さじ2

作り方

  1. ルバーブは洗って水気をふき取り、1~2cm幅の小口切りにしてホウロウ鍋に入れ、砂糖を振りかけて混ぜる。そのまま2~3時間おいて水気を出す。
  2. 鍋を火にかけ、煮立ってきたら中火弱の火加減にし、木べらで絶えずかき混ぜながら、25~30分煮る。途中でアクをまめにすくい取り、しょうが汁を加える。
  3. 保存用のビンは煮沸消毒する。
  4. ジャムが熱いうちにビンに詰め、軽くふたをして冷まし、完全に冷めたらふたをきっちりしめる。冷蔵すると色がさめない。

ルバーブのクイックブレッド(18.5×9×5.5cmのパウンド型1本分)

材料

 ルバーブ 150g
 薄力粉 100g
 全粒粉 50g
 ベーキングパウダー 小さじ1½
 卵 2個
 砂糖 50g
 サラダ油 ¼カップ
 牛乳 大さじ2

作り方

  1. ルバーブは1cm幅の小口切りにする。太ければ縦に2つに切ってから小口切りに。
  2. 薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダーは合わせてふるう。
  3. ボールに卵を入れてほぐし、砂糖を混ぜ、サラダ油と牛乳を加えて混ぜる。
  4. ③に②をもう一度ふるい入れ、ひと混ぜしてルバーブを加え、練らないようにさっくりと混ぜる。
  5. 型に紙を敷いて④を入れ、表面を平らにならして台に2~3回打ちつける。
  6. 型を天板にのせて予熱した180℃のオーブンの中段に入れ、40分くらい焼く。竹串を中心に刺してみて生地がついてこなければ焼けている。
  7. 網にのせて冷まし、粗熱が取れたら切り分ける。
(「あずみのの食卓12か月」 久松 育子著 群羊社より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする