通信くさぶえ 826号

気温の変化が大きいです。

 先週末は、初夏のような暑さとなりました。野菜の種子播きや苗の定植など、畑の作業は進みましたが、今週中頃には最低気温が2℃近くまで下がる日もありそうで、天候の変化をにらみながら作業を進めなければなりません。

 毎年この時期は、三寒四温という言葉のように暑い日があったり、寒い日があったりして、野菜の苗を早めに定植出来たのに寒さで生育が遅れてしまうことがあります。天候の変化に気を遣うことが多い時期ですが、今年は気温の変化が例年以上に大きいです。周りの農家さんも今年は野菜が作りづらいと、これからの野菜の出来を心配されていました。

 少しずつずらしながら種子播きをしてきていますが、天候を見ながら定植をしていくため、育苗ハウスの中は定植を待つ苗でいつも以上に賑やかになっています。

 トマトやナス、ピーマンなどの夏野菜の苗も大きくなってきています。暑い日が多いおかげで、夏野菜の苗はいつも以上に順調に生育してきています。定植する畑の準備を進めて、天候の変化に負けないように、しっかりと育てていきたいと思います。

news826_1

 下の画像の左奥のように、畑では、育苗ハウスで育てた苗をマルチを張ったところに定植して、不織布をかけて保温して育てていきます。画像はレタスを定植したところで、これから不織布をべたがけしていきます。

 小松菜や水菜などの葉菜類は畑に直播きして、不織布をかけます。そして、キスジノミハムシなどの害虫の食害を防ぐために、不織布の裾に土をかけて害虫が侵入出来ないようにします。この時期は風が強く吹く日も多く、不織布が風ではがされないためにも、ひと手間かかりますが、不織布の土寄せ作業を頑張っています。

news826_2

とみずく農園のゴボウが終わってしまいました。

 先週、お届けさせていただいた、とみずく農園のゴボウですが、1週間でほぼなくなってしまいました。今週お届け出来ずにすみませんでした。今年はゴボウをしっかりと作って、お客様全員にお届け出来るようにしたいと思います。

畑で越冬してきた長ネギが美味しいです!

 畑で冬越ししてきた長ネギ「松本一本ネギ」が、畑でより大きく育ってきました。特に、青い葉の部分がしっかりと伸びてきています。増量してお届けさせていただきますので、葉まで全部お楽しみください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする