通信くさぶえ 822号

今年は早めにクール便に切り換えさせていただきます。

 今月14日(水)のお届け分はクール便にさせていただきましたが、その後、気温がそれほど上がらなかったので、クール便ではなく陸便でお届けしてきました。21日の春分の日には大雪となり、20㎝近い積雪となりましたが、その後の暖かさで雪は一気に融けていきました。

 そうかと思うと、今週はまた暖かくなり、東京では夏日となる日もあるという予報が出ています。

 まだ天候が周期的に変わり、寒くなる時もあるとは思いますが、今年は例年よりも気温が高めのようです。今年は少し早めですが、今週からクール便に切り替えさせていただきます。この時期、葉物野菜が多いので、鮮度維持のために必要だと思いますので、よろしくお願いいたします。クール便の場合には、1箱につき432円(うち消費税分32円)が追加料金となりますので、ご了承ください。

畑で越冬したニンジンです。

 通信820号に書きましたが、今週から貯蔵してきたニンジンから畑で越冬してきたニンジンに代わります。この冬の寒さは厳しかったためか、傷んでしまっているものもありますが、7割くらいは出荷出来そうなので、まずまずの収量ではないでしょうか。

 納屋で貯蔵してきたニンジンは水分が抜けてきて表面にシワがよってきたものも出始めてきましたが、土の中で越冬してきたニンジンは瑞々しさを保っています。

 ただ、水分が抜けてきた貯蔵してきたニンジンの方が甘みが強いようです。一長一短あって、どちらの貯蔵法が良いのか悩みますが、まだ越冬ニンジンが成功して1年めです。しばらくは2つのやり方で様子を見たいと考えています。

news822_1

久し振りに有坂さんの鶏糞をもらいに行きました。

 以前は毎年のように有坂さんの鶏糞を取りに行き、畑の肥料として使っていました。なかなか取りに行く時間がなくて、しばらく使っていなかったのですが、今年は「鶏糞がたくさんある」という話を聞いて、取りに行ってきました。

 有坂さんは、発酵菌を使ったこだわりの飼料を与えた平飼い養鶏を長年営んでいます。発酵菌のおかげで糞が臭くなくて、鶏舎はほとんど臭いがありません。もみ殻もたっぷり入った鶏舎で2年近く完熟してサラサラの鶏糞は有機態チッソと炭水化物を豊富に含んでいます。「有坂さんの鶏糞で作ると野菜が甘い」というのは多くの人が気付いているところです。

 今年はこの鶏糞も使っていこうと考えています。野菜の味が変わってくるでしょうか。楽しみです。

news822_2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする