通信くさぶえ 801号

台風21号が日本列島に上陸していきました。

 10月下旬にもかかわらず、超大型の台風21号が日本列島に上陸して、日本各地に被害をもたらしていきました。秋雨前線の影響もあって、農園周辺も大雨と暴風に曝されました。

 昨秋の長雨で、ジャガイモやニンジンなどが水浸しとなって、畑で腐っていった光景がまざまざと蘇ってきました。しかし、畑が田んぼのようになるまでには至らず、大きな被害はなさそうです。

 ただ、ブロッコリーやカリフラワーが風で倒されてしまいました。ある程度までは起き上がってくるとは思いますが、特にスティックセニョールの収穫が大変そうです。

 長野県内でも、農業用ハウスが風で吹き飛んでしまい、鉄道の架線に当たってしまったり、畑が浸水してしまったり、という被害も出ているそうです。被害に遭われた方々を思うと心が痛みますが、今回うちの畑はこの程度の被害で済みました。

 台風は、一般的に10月以降は7、8月に比べて日本に上陸することは少ないのですが、今回は太平洋高気圧が西にせりだしていたため、日本列島に向かう経路になりました。また、海水温が30度近い水域が北回帰線付近まで広がっていたため、台風の勢力が維持されたのではないか、ということです。

 今後も、この時期に巨大台風が日本にやってくる可能性が指摘されています。本当に頭の痛い問題です。

news801_1

サツマイモは豊作です。

 先週、全てのサツマイモを収穫しました。味も良いサツマイモが沢山とれました。今年は、機械で収穫しやすいように、高畝にして栽培したのですが、マルチを剥がすと、その下の土は非常に柔らかくて、スコップを使わなくても手で引き抜けました。

 昨年、同じように高畝にして栽培したナガイモが、スコップを使わずに手だけで掘り上げることが出来ましたが、サツマイモも同じように手で収穫出来るとは思いませんでした。今年はこの時期に雨が多く、機械を畑に入れるには土がゆるんでいるので、なかなかタイミングが難しいのですが、手掘りが出来たので、土の状態をあまり気にすることなく、収穫作業を進めることが出来ました。

news801_2

間引き大根をお届けさせていただきます。

 冬大根も少しずつ大きくなってきています。今週から、葉も柔らかくて美味しい間引き大根をお届けさせていただきます。大根葉を細かく刻んで、軽く塩もみをして、カボスとしょう油とかつお節で食べると美味しいです。無農薬ではありませんが、大分の美味しいカボスが手に入りましたので、おすそ分けさせていただきます。間引き大根の出荷を待っている間に、少し黄色くなってしまいましたが、お試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする