通信くさぶえ 793号

残暑が戻ってきました。

 曇っていることも多く、一時的な降雨もありますが、晴れ間も見られるようになってきて、暑さも戻ってきました。ようやく残暑を感じられるようになってきましたが、朝晩は涼しいというより、寒くなってきました。野菜たちも季節の変化をしっかりと感じているようで、生育にも変化が出てきました。トマト、ナス、ピーマンなどはまだまだ元気ですが、キュウリやインゲンなどは葉が枯れ上がってきたり、変形果も増えてきたりしてきました。もうしばらくは夏野菜たちに頑張ってもらいたいと思います。

news793

 画像のように、ナスは多少の病気も見られますが、たくさんの実をまだまだ付けています。美味しい秋ナスがたくさんとれることを期待しています。

 キュウリは、2作目のハウス栽培のキュウリがいよいよ終わりそうになってきました。代わって、3作目の露地栽培のキュウリの収量が少しずつ増えてきています。ただ、強い風が一日中吹いていた日があり、その時にキュウリの実が枝やネットに当たってこすれてしまったものが多数あります。実の一部に擦り傷があるキュウリもお届けさせていただきます。味には問題ありませんので、ご了承ください。

 トマトは、天候の影響でこれまで一気に色付いてきましたが、ここに来て少し収量が落ちてきました。でも、残暑が戻ってきて、遅まきしたトマトも順調に色付き始めてきているので、もうしばらくはお届け出来るかと思います。

 一方、トウモロコシはこれまでの天候不順の影響で、すす紋病が拡がりつつあります。まだ一部なので、広がる前に収穫が終了となりそうですが、いつもよりも収量が確保出来ません。そのため、今年はトウモロコシの「もっと、くさぶえ野菜」はお届け出来そうにありません。申し訳ありませんがご了承ください。通常お届け分はなんとか確保出来そうなので、9月初め頃までもう少しの間、トウモロコシの味をお楽しみください。

30日(水)にお届けのお客様で郵便自動払込を利用されている方へ。

 8月30日(水)にお届けのお客様で郵便自動払込をご利用いただいている方に連絡です。

 上述したように、トマトの収量が少し落ちてきたため、30日(水)はトマトの「もっと、くさぶえ野菜」はソース用のみを計上して、郵便自動払込の手続きを進めてきました。

 しかし、残暑が戻り、トマトの色付き具合も少し早くなってきたため、出荷当日に急きょ、生食用の「もっと、くさぶえ野菜」も追加させていただきました。

 そのため、「もっと、くさぶえ野菜」のうち、生食用の代金は次回の野菜代に加えて請求させていただきます。ソース用については今回の野菜代に加えさせていただいています。

 郵便自動払込の手続きは引き落とし日の3営業日前までに完了する必要があり、「もっと、くさぶえ野菜」は出荷の当日にならないと代金が確定出来ないため、今月の請求分には間に合いませんでした。分かりづらくなってしまい申し訳ありませんが、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする