通信くさぶえ 743号

台風10号がやって来ます。

 先週、沖縄方面に向かっていた台風10号がUターンしてやって来ます。この通信がお客様の手に届く頃にはもう既に通り過ぎていると思いますが。

 台風10号は異例続きの台風のようです。関東の南東海上で発生して、南大東島の南海上まで異例の南下。そして、25日頃からUターンを始め、小笠原諸島近海を北東へ進みました。そして、北緯30度以上の日本付近の海域で発生した台風としては、46年ぶりに記録を更新し、最も長寿の台風となりました。その後、発生場所の近くまで戻り、本州の南海上でぐるりと一周したことになります。そのうえ、観測史上初めての東北太平洋側への上陸となりそうです。

 日本各地で様々な被害が出る可能性があります。実りの秋を間近に控え、農作物への影響も心配です。大きな被害がなく、台風が通り過ぎていって欲しいです。

 くさぶえ農園の辺りでも29日の時点で少し風が強くなってきたり、夜には雨が降り出してきたり、と台風の影響が出始めてきました。ハウスのマイカー線を点検して、風対策を行って台風に備えています。多少の雨と風は覚悟しなければいけませんが、大きな被害がないことを願っています。

露地栽培のキュウリの収量が上がってきました!

 ようやく露地栽培のキュウリの収量が少しずつですが、上がってきました。ハウス栽培の「夏すずみ」に続いて、ハウス栽培の「シャキット」もほぼ終了となってしまい、露地栽培の「夏すずみ」のみとなってしまいました。先週の台風の後は暑い日差しが戻り、キュウリも勢いがついてきて、側枝が伸びてきました。お蔭で、花芽や小さなキュウリが沢山着いてきています。1日の収量も50本を超えるようになってきました。お届けする本数はやや少なくなるかもしれませんが、もうしばらくはキュウリの味を楽しんでいただけると思います。

天気を見ながら、秋冬野菜の畑の準備を進めています。

 乾いていた畑が雨で潤うのは嬉しいのですが、今度は降り過ぎてしまい、なかなか農作業が進みません。適度の雨と晴れ間というのはなかなか難しいものです。

 天気を見ながら、ダイコンや葉物野菜などの太陽熱養生処理を進めています。天候不順の影響もあって、十分な養生期間を取れませんが、少しでも太陽熱養生処理を行って、秋冬野菜の播種に備えたいと急ピッチで作業を進めています。

 もうしばらくは夏野菜を満喫しながら、美味しい秋冬野菜のために今から準備を進めていきます。こちらも豊作になるように出来るだけの手当てをしていきたいと思います。

News743

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする