通信くさぶえ 735号

トウモロコシの雄穂切りが始まりました。

 トウモロコシが大きく育ってきました。一部に6月初めの寒さの影響が出ていますが、概ね順調に生育しています。今年はいつもより生育が早めですので、少し早くからトウモロコシをお届け出来るかもしれません。

 最初に播いたトウモロコシから順々に出穂してきています。これから雄穂が伸びてきて花粉を飛ばす頃に、この雄穂を切り落としていきます。この雄穂の切り落とし作業がいよいよ始まりました。この作業はトウモロコシの大害虫であるアワノメイガの被害を少しでも減らすために数年前から行っています。

 アワノメイガは、トウモロコシの実(雌穂)を食害して、大きな被害を与えます。収穫時にアワノメイガの食害がないか、1本ずつ確認していますが、食害のひどいものはお届け分から外しています。

 少しでも被害を減らすために、トウモロコシの株の一番上にある雄穂(雄しべ)を8株中1株程度を残して、残りを切り落としています。下の画像は、上が切り落とす前で、下が切り落とした後です(分かりづらくてすみませんが)。

 アワノメイガは雄しべの花粉に呼び寄せられてきて、卵を産み付け、卵から孵った幼虫がトウモロコシの実を食害します。雄穂全部を切り落としてしまうと受粉が出来ませんが、これぐらいでは受粉に影響がないようです。この効果はかなり高く、比較的綺麗なトウモロコシをお届け出来るのではないか、と期待しています。今年も美味しいトウモロコシを皆様にお届け出来るように頑張ります!

News735_1
News735_2

キュウリやトマト、ズッキーニがとれ始めています!

 7月に入って、キュウリの収量が上がってきました。今年は寒さや天候の影響もあってか、アブラムシに悩まされています。ようやくキュウリの樹勢も良くなってきましたが、曲がりキュウリもお届けさせていただいています。味には違いはありませんので、ご了承ください。

 また、四葉キュウリ系の「シャキット」もとれ始めています。生でも勿論美味しいですが、普通のキュウリよりも水分が少なめで、漬け物にするととても美味しいです。普通のキュウリとの味の違いをお楽しみください。

そして、トマトやズッキーニもとれ始めました!トマトは例年よりも早めにとれ始めてきています。まだまだ全員にお届けする量がなくて申し訳ありませんが、次第に全員にお届け出来るようになると思います。少しずつ夏野菜が増えていきますので、楽しみにしていてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする