通信くさぶえ 717号

先週は通信をお休みしてしまい、すみませんでした。

 先週は体調不良のため、通信をお休みしてしまい申し訳ありませんでした。

 この1週間の間に白菜が終わってしまいました。日中の暖かさの影響で、白菜の傷みや芽の動き出しがいつもより早かったようです。白菜の貯蔵方法ももう少し改良していきたいと考えています。

 一方、「冬駒」キャベツの貯蔵はまだ大丈夫そうです。低温で貯蔵してきて、適度に水分が抜けて、甘みが増し、葉が柔らかくなってきています。これからの暖かさによっても変わってくると思いますが、3月半ばから下旬頃までお届け出来れば、と思います。

 また、長ネギの「ホワイトスター」が終了し、「なべちゃん」に代わってきています。「なべちゃん」は、下仁田ネギと普通の長ネギの「根深一本」を交雑した品種で、火を通しても、生でも美味しく、両方の良さを取り込んだ、いいとこどりの長ネギです。この時期の「なべちゃん」は、「ホワイトスター」と同様に加熱するとトロッととろける美味しさです。3月中はお楽しみいただけるかと思いますので、ご堪能ください。

ジャガイモ「はるか」をお届けさせていただきます。

 ここ数年、栽培し始めたジャガイモ「はるか」は、貯蔵性が良く、翌春まで貯蔵すると、甘みとコクが増して美味しくなってきます。貯蔵している間に適度に水分が抜けてきました。今シーズンの「はるか」はどうでしょうか?

 「はるか」は、「メイクイン」のように、しっとり系で煮崩れしにくいジャガイモです。イモの色が白く、芽がほんのり赤いのが特徴的です。イモの肌が白くて綺麗なのですが、今シーズンの「はるか」は少し病気の発生が見られたため、肌がよごれています。皮を向けば、問題なく美味しく食べられますので、ご了承ください。

 これから「キタアカリ」と「こがね丸」と交替でお届けさせていただきますので、それぞれの味の違いを楽しんでみてください。

芽が出てきました!

 2月から種まきが始まっています。4月からお届け出来るように、小松菜、水菜、レタスなどの種子を播いていますが、これらの芽が出てきました。育苗ハウス内も少しずつ賑やかになってきています。これから順次、ハウスへの定植も始まります。また、ハウスに直播きしたカブの芽も出てきました。

 3月からはいよいよ果菜類の種子播きも始まります。そろそろ忙しくなってきます。今年はこの時期なのに畑に雪がなくて、もうすぐにでも植えられるような気がして、何となく落ち着かなくなってきていましたが、3月に入った途端に5cmほどの積雪があり、雪景色に戻りました。野菜たちを露地に出すには、やはりまだ少し早いようです。

News717

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする