通信くさぶえ 694号

雨続きで農作業がなかなか進みません。

 猛暑の後は一気に秋になってしまい、雨の日が多く、8月とは思えない寒い日が続いています。四葉系のキュウリ「シャキット」も急に収量が落ちてきました。トマトも色付くのに時間がかかるようになってきて、皮が割れてくるものが増えてきました。農作業も、冬用の白菜の定植や、大根やカブなどの播種時期なのですが、なかなか農作業が進みません。

 一方、この時期の雨はニンジンにとっては必要な雨です。冬用のニンジンは、生育初期のこの時期に十分な水分があると細胞分裂が盛んになって、細胞数が多くなり、実割れしにくくなるそうです。雨はないと困りますが、もう少し適度な雨であって欲しいものです。

 米海洋大気局(NOAA)によると、今年のエルニーニョ現象は過去最強だった1997~98年の規模に匹敵し、さらに上回る可能性があるそうです。世界各地の気温や降水量に影響し、各地で異常気象が起きる恐れがあると注意を呼びかけています。

 エルニーニョ現象によって、日本では冷夏と暖冬になる傾向がありますが、今年の夏は偏西風の蛇行で日本付近に高気圧が張り出した影響の方が大きく、猛暑になりました。なかなか気候の予測は難しいと思いますが、今年の冬はどんな冬になるのでしょうか?

22日(土)にお届け分のお客様で郵便自動払込を利用されている方へ。

 8月22日(土)にお届け分のお客様で郵便自動払込をご利用いただいている方に連絡です。22日の本日のお野菜にてお知らせして、繰り返しになりますが、通信にも書かせていただきます。

 22日(土)はトマトの「もっと、くさぶえ野菜」をお届けさせていただきましたが、その分の代金は次回の野菜代に加えて請求させていただきます。

 郵便自動払込の手続きは引き落とし日の3営業日前までに完了する必要があり、「もっと、くさぶえ野菜」は出荷の当日にならないと代金が確定出来ないため、今月の請求分には間に合いませんでした。分かりづらくなってしまい申し訳ありませんが、ご了承ください。

ジャガイモ「こがね丸」をお届けさせていただきます。

 近年、くさぶえ農園ではお気に入りの、ジャガイモ「こがね丸」をお届けさせていただきます。「こがね丸」は油との相性が良く、フライドポテト専用種とも言われるそうですが、イモの旨味が強く、煮ても焼いても美味しいと思います。

 画像は今年栽培したジャガイモ4種です。手前から「キタアカリ」、「アンデスレッド」、「はるか」、「こがね丸」です。白黒では分かりづらいですが(ブログではカラーです)、それぞれイモの色も違っていて、「キタアカリ」と「アンデスレッド」はホクホク系で煮崩れしやすく、「はるか」と「こがね丸」はしっとり系で煮崩れしにくいイモです。

 これから少しずつお届けさせていただきます。それぞれ味も違いますので、その違いをお楽しみください。

News694

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする