通信くさぶえ 690号

猛暑とゲリラ雷雨。

 期待通りの暑い夏となりましたが、今度は暑過ぎです。連日、猛暑となっています。そして、先週末は夕方になるとゲリラ雷雨が発生していました。2日(日)の夕方はものすごい雨となり、真上で雷が鳴り続けていて、ちょうど夕方のキュウリの収穫をしていたハウスから帰れなくなってしまいました。雷の音と光と、ハウスに落ちたらどうなるんだろうか?と考えると不安になり、もう生きた心地がしませんでした。なんとか無事に家に帰ることが出来ましたが、久しぶりに怖い思いをしました。

 この夕立のおかげで、猛暑の中でも畑が乾き切ることなく、冬用のニンジンの発芽やキャベツ、ブロッコリーなどの苗の生育も順調にいくのではないか、と期待しています。

キャベツが発芽しない !?

 冬用のキャベツの種まきをここでは7月の初めに行い、いくつか違う品種を播きましたが、そのうちの1つが全くというほど発芽しませんでした。他の品種はほぼ100%の発芽率だったので、床土の問題ではなく、種子に問題があったのだと思われます。この冬のキャベツのメインの一つに考えていた品種だったので、苗が1,000株近く足りない状況となってしまい慌ててしまいました。

 種苗屋さんに相談したところ、キャベツの苗を分けていただけることになりました。無理を聞いてもらいましたが、何とかキャベツの苗を確保することが出来そうです。種苗屋さんの話では、キャベツの種子は急に発芽率が落ちてしまうことがたまにあるそうです。ただ、昨年の種子なので種子用のキャベツの生育が良くなかったのではないか、ということでした。こんなことは初めてのことでしたが、改めて種子の重要性を考えさせられました。

 キャベツの苗もいよいよ畑に定植し始めます。

旬をおいしく  セロリー

 セロリーが今年も出来てきました。今年は山際に植えたので、小さめな株が多いですが、柔らかいセロリーが出来たと思います。生で食べたり、火を通したり、いろいろとお楽しみください。

 セロリーの茎を食べやすい大きさに切り、一口大の鶏もも肉や豚肉と一緒に炒めるととても美味しいです。セロリーはシャキシャキ感を残して、味付けはさっぱりと塩とコショウ、好みで日本酒や紹興酒で香りをつけてもいいと思います。

 たくさんある葉は洗って冷凍保存して、スープなどに凍ったまま、崩しながら入れれば、パセリ代わりになります。また、生のセロリーの葉を天ぷらにして天つゆで食べても美味しいです。

「アンデスレッド」をお届けさせていただきます。

 「キタアカリ」に続いて、新ジャガの「アンデスレッド」をお届けさせていただきます。「アンデスレッド」は、くさぶえ農園で毎年栽培している定番のジャガイモです。甘味が強く、色合いが綺麗です。見た目がサツマイモのようにも見えますが、ホクホクしていて美味しいジャガイモです。色合いを生かして、皮つきのまま使ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする