通信くさぶえ 677号

カラマツの新緑がきれいです。

 くさぶえ農園のある佐久市望月の長者原にも遅い春がやって来ました。もうソメイヨシノの花も散り、カラマツの新緑が美しい季節になってきました。

 このところ、6、7月頃の陽気という、暖かいというよりは暑いような日が続いています。畑が乾いてしまい、土ぼこりがたっています。4月は雨の日が多かったので農作業がなかなか進まず、天気が良くなってようやく農作業も本格的に忙しくなってきましたが、今度は全然雨が降りません。近年、このように雨が降る時はたくさん降り、降らない時は全く降らない、という変化の激しい天気が目立つようになってきました。気象庁の5~7月の3ヶ月予報によると、梅雨前線の影響が長引く恐れがあるようです。また、この夏にエルニーニョ現象が発生する可能性もあるそうで、今年の夏の天気も気になるところです。

 農作業がやりづらいですが、うまく対応していかなければ、と思います。

News677

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする