通信くさぶえ 664号

南岸低気圧が続々とやって来ます。

 昨年の2月の大雪以降、「南岸低気圧」がとても気になっています。強い寒気が南下してきた時に、日本列島の太平洋側を通過する「南岸低気圧」と呼ばれる低気圧が発生すると、暖かい湿った空気が日本列島に吹き込んできて大雪となりやすいそうです。先週も大雪の予想が出されましたが、思ったほどの雪が降らず、ホッとしました。

 大雪対策で農園のハウスを少しずつ補強しています。ディックエスター線という針金のような高張力プラスチック線材をアーチパイプ(ハウスの屋根となっているパイプ)に張っています。雪の重みでアーチパイプが広がるように押し潰されるのを防ぐのが目的です。実際には細くて見えにくいのですが、分かりやすくするために画像では数本を強調してみました。このように1間おきに張っていっていますが、最終的にはアーチパイプ全てに張ろうと考えています。現在のところ、250mぐらい張り終えました。ハウスを雪で潰さないように地道な作業が続きます。

News664

無農薬野菜屋feelさんが来園されました。

 この冬も無農薬野菜屋feelさんが畑にやって来ました。feelさんには、2~3ヶ月に1度畑の様子を見ていただいているのですが、今回の来園の様子をブログで紹介していただいています。ここで一部を紹介したいと思います。くさぶえ農園のブログの「くさぶえ野菜と出会えるお店」にfeelさんの紹介もアップしましたので、そちらも見てみてください。


News664_feel

ハウスとハウスの間に、このように雪が溜まります。これが溜まりすぎると、ハウスを圧迫して危険な状態になる。今の状態なら大丈夫です。

こういうところも、日中はもちろん、

夜中見廻りをして管理します。

冬は雪、夏は害獣、我々の知らないところで大変なご苦労があります。

毎年、この光景を見るたびに、きれいだと思いますが、同時にこの土地で農業をする大変さを実感することができます。そういう意味でも、林さんの畑を訪問することはとても勉強になるんです。

お客様に、この大事な野菜を届けて喜んでいただけることはたいへん嬉しいことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする