通信くさぶえ 659号

今年も1年間ありがとうございました。

 16日の雪は 30cm近い積雪となりました。大雪で残ったハウスは少し歪んでいるため、強度が少し落ちていると思われます。そのため雪おろしをしたり、ハウス内で灯油ストーブを焚いたりしました。また、ハウスの間に落ちて溜まっている雪を運び出して、次の積雪に備えたりもしました。

 今年2月にハウスが潰れてしまうほどの大雪を経験して、ハウスの雪対策は随分と勉強になりました。今シーズンはハウスを潰さないぞ!という決意で頑張っています。

 日本各地で大雪の被害が出ていますが、今シーズンも今年2月のような大雪があるのかも、と覚悟していこうと思います。それでも一面の銀世界となった景色を見ると、綺麗だと感じてしまいます。

 前置きが長くなりましたが、今年も1年間、くさぶえ野菜を食べていただきまして、本当にありがとうございました。ハウスの雪による倒壊、春の低温や、夏の暑さ、鹿の食害など、野菜作りにとって大変なこともありましたが、今年もなんとか及第点を与えられる野菜を皆様にお届け出来たのではないか、と思っています。

 昨年も同じようなことを書きましたが、ここ数年、お届けする野菜の質や品揃えが少しずつですが、以前に比べて充実してきたように自分でも感じています。自分で納得のいくように育てた野菜たちを皆様に常にお届け出来るように、これからも頑張っていきたいと思っています。

 今年1年間ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

佐川急便の宅配の遅れについて・・・

 大雪の影響もありますが、クリスマスを前にして、佐川急便の宅配が遅れている所もあるようです。お客様にはご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳なく思っています。しっかりと対応してくださる営業所がある一方で、お客様に不満が残ってしまうような対応に見える営業所もあるようです。こちらからも佐久営業所を通して改善の要望をあげていきながら、少しずつ良くなっていって欲しいと考えています。

 ヤマト運輸の大幅な料金値上げのため、野菜の宅配を佐川急便に代えさせていただきましたが、宅配の遅れでお客様にご迷惑をおかけしてしまうことは如何なものかと考えてしまいます。

 そこで、年明けから恒例のアンケートを早めに行い、その中で6月から始まった佐川急便の宅配の状況を詳しく教えていただこう、と考えています。そして、その結果からくさぶえ野菜の宅配のあり方をもう一度検討させていただければ、と思います。まだ来年のことですが、宜しくお願い致します。

今年は小さめの大根が多いです。

 近年、大根の播種時期について悩んでいます。普通に8月下旬に播くと大きくて立派な大根がとれると思いますが、あまり大きい大根を毎回お届けすると、食べきれないと言われることが多いので、遅めに播いて少し小さめの大根を作りたいと考えています。遅めに播いた方が、虫害が減ることも期待しています。

 今年は9月初めに天候が悪く、その影響なのか、なかなか大根が育ってきてくれませんでした。11月に暖かい日が多かったおかげで、生育後半にグッと太ってきましたが、それでも小さめの大根が多いです。大根の味自体はとても良く出来ていると思いますので、今年は小さい大根は2本ずつのお届けになることもありますので、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする