通信くさぶえ 649号

今度は台風19号が日本列島を横断しました。

 今年最強クラスと言われた、台風18号に続いて、より強い台風19号が日本列島を横断していきました。気象庁の統計がある1951年以降、10月に2つの台風が上陸したのは1955年と2004年の2例だけだそうです。しかも18号から1週間後に19号が日本に上陸するという間隔の短さです。

 長野県内も直撃するコースで、被害を受けるんじゃないかと心配しました。かなりの雨が降って、時折強い風が吹きましたが、大きな被害もなく、通り過ぎていきました。

 もう今年の台風上陸はこれで終わって欲しいと思います。秋冬野菜が順調に育つような、穏やかな天候に恵まれることを願っています。

間引きニンジンをお届けさせていただきます。

 冬の間お届けするニンジンが順調に育ってきています。種子を播いた時には、夏の暑い時期で雨が降らず、最初に播いたニンジンは発芽が揃わずに、もう一度播き直しました。あの暑さと乾燥が嘘のように、今は涼しくなって、雨も多く、畑は潤っています。

 淡い緑のニンジンの葉が揃って育ってきている姿を見ると、緑の草原に立っているようで、とても気持ちがいいです。順調に行けば、ニンジンも豊作が期待出来そうです。

 前回の通信に、キャベツや白菜に今年はいつも以上に沢山のミネラルを施したと書きましたが、ニンジンも同様にミネラルを多く施肥した結果、いつも以上に葉の色や勢いが良いように思います。きっと、美味しいニンジンに育ってくれることでしょう。楽しみにお待ちください。

 まずは、間引きニンジンをお届けさせていただきます。この時期の葉は柔らかくて、天ぷらにすると美味しいです。ニンジンの葉は細かく刻んで冷凍しておけば、パセリの葉の代わりにもなります。ニンジンの根の部分はそのまま生でボリボリ食べても美味しいし、軽く茹でてもいいと思います。

 これから間引きニンジンに続いて、間引き大根、間引きカブなどをお届けさせていただく予定です。なかなかスーパーなどでは見られない、間引きの柔らかい野菜を丸ごと味わってみてください。

News649

ジャガイモ「はるか」をお届けさせていただきます。

 今年初めて栽培した、ジャガイモ「はるか」をお届けさせていただきます。「はるか」は、「メイクイン」のように、しっとり系で煮崩れしにくいジャガイモです。イモの色が白く、芽がほんのり赤いのが特徴的です。味がさっぱりとしていて、食べやすいように思います。このイモは貯蔵性が良く、翌春4月頃まで貯蔵するとびっくりするほど甘くなるそうです。これから少しずつお届けさせていただきますので、その味の変化も楽しんでいただけたら、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする