通信くさぶえ 642号

露地栽培のキュウリが調子出て来ました!

 ようやく露地栽培のキュウリが沢山とれ始めてきました。露地栽培のキュウリの品種は、「夏すずみ」です。キュウリの実の形も綺麗になってきて、味ものってきたように思います。側枝も伸び出して、沢山の花を咲かせています。

 昨年、モミ殻をたっぷり入れた畑で栽培しています。おかげで、とても甘味のある、美味しいキュウリが育ってきました。

 もうしばらくはキュウリをお届け出来そうです。残暑の中、キュウリで体を冷やしていただきたいと思います。

News642

そろそろトウモロコシも終了です。

 台風11号で一部のトウモロコシは倒されてしまいましたが、その後、斜めになったものは上を向いて起き上がってきました。根元から倒れてしまったものも、ほとんどの実が熟してきました。多少、実の熟し具合などにばらつきが出ているようですが、それでも倒されたトウモロコシの大半から収穫することが出来ています。トウモロコシの生命力に改めて驚いています。

 ただ、トウモロコシは昨年よりも少し多めに作付けして、「もっと、くさぶえ野菜」としてもお届けする予定でいましたが、その分までは確保することが難しい状況です。申し訳ありませんが、ご了承願います。

 トウモロコシは9月初め頃までのお届けになります。後半は「サニーショコラ88」のお届けが多くなります。甘味が強いですが、すっきりした甘さが特徴です。俵は大きめですが、実の皮は柔らかくて美味しいです。

 終了間近のトウモロコシの味をお楽しみください。

これからいろいろなジャガイモをお届けさせていただきます。

 これまで「キタアカリ」の新ジャガをお届けしてきましたが、これから少しずつ、いろいろなジャガイモをお届けさせていただきます。

 今年は、「キタアカリ」をメインにして、皮が赤くて実が黄色い「アンデス赤」、フライドポテトが美味しい「こがね丸」、そして初挑戦の2品種、貯蔵すると甘味が強くなる「はるか」、北海道で「男爵」に代わる品種として有望視されている「きたかむい」の計5品種を栽培しています。どれも特徴のある、美味しいジャガイモだと思います。ジャガイモの品種によって調理方法を代えたり、味を比べて自分好みの品種を見つけたり、楽しんでいただけたら、嬉しいです。よろしければ、皆様の好みの品種を教えてください。来年以降に栽培する品種の参考にしたいと思います。

 まずは「アンデス赤」をお届けさせていただきます。「アンデス赤」は、くさぶえ農園で毎年栽培している定番のジャガイモです。甘味が強く、色合いが綺麗です。見た目がサツマイモのようにも見えますが、ホクホクしていて美味しいジャガイモです。色合いを生かして、皮つきのまま使ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする