通信くさぶえ 610号

中村さんのリンゴをお届けさせていただきます。

 通信608号で紹介させていただきました、お馴染みの中村さんのリンゴを少しずつですが、入れさせていただきます。中村さんのリンゴは、リンゴの産地である三郷地区で一番美味しいと言われるリンゴよりも美味しいと聞いています。お届けさせていただくリンゴは、小玉だったり、多少傷があったりして贈答用にならないものです。味は変わらないのですが、こういったリンゴをくさぶえ農園のお客様のために毎年確保していただいています。天候の影響か、例年よりも味のばらつきがあるように思いますが、ご理解いただければ幸いです。また、この時期になるとリンゴの中のミツが消えていきますが、ミツがなくなっても、リンゴ全体の糖度はほとんど変わらないそうです。

 「もっと食べたい!」という方は中村自然農園に直接、リンゴの注文をお願いします。今季は贈答用のリンゴの在庫が沢山あるそうです。今回は特別価格でのご提供となりますので、宜しくお願い致します。

商品名 重さ 価格
サンふじ 5kg 3,400円 → 2,900円
10kg 6,400円 → 5,400円
送料は別途かかります。送料は全国どこでも1箱800円(ただし、沖縄は1,200円)。
中村自然農園  〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉417
 TEL/FAX 0263-77-2723
 携帯TEL 090-1868-4200
 Eメール ringonakamura@yahoo.co.jp

野沢菜漬けをお届けさせていただきます。

 昨シーズンの野沢菜漬けは、水が上がらずに失敗してしまい、皆様にお届けすることが出来ませんでした。今シーズンは、水も順調に上がってきて、まずまずの出来だと思ったのですが、収穫が遅れてしまったため、外葉の茎の水分が抜けてきてしまったものが多く、食感がいまいちなものが混じってしまいました。

 味は悪くないので、今回は野沢菜漬けをサービスとしてお届けさせていただきます。細かく刻んで、しょう油少々をかけて食べると、食感も気にならなくなって、とっても美味しかったです。好みでかつお節や七味唐辛子をかけてもいいですね。また、チャーハンにしても美味しかったです。

佐久の地野菜、冬菜をお届けさせていただきます。

 今年も冬菜(ふゆな)をお届けします。冬菜はこの地方に昔からある地野菜です。夏から秋にかけて種を播いて、緑の野菜の少なくなる頃、秋口に葉をかいて食べたり、冬を越してトウ立ち菜を食べたりします。

 くさぶえ農園では、冬菜があまり大きくならないうちに株採りしています。一見かたそうですが、火を通すとトロッとした口当たりでとても柔らかくなります。油と相性が良く、炒め物が美味しいです。汁の実やおひたしも美味しいのでいろいろとご活用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする