通信くさぶえ 584号

梅雨明けしました。

 7月6日、関東甲信地方が梅雨明けしました。平年より15日早く、昨年より19日早い梅雨明けとなりました。 1951年の統計開始以来、4番目に早い梅雨明けだそうです。因みに最も早かった梅雨明けは、2001年の7月1日です。梅雨の降水量をみると、近くの軽井沢で平年198.7mmのところ、174.0mmとやや下回りましたが、かなり水不足は解消されてきました。

 この夏は、2010年の激夏を超えるような暑い夏になる予想も出ています。日本では、平安~鎌倉時代に真夏日が突出して多い時期があり、「今年は1,000年に1度の"千年猛暑"になるかもしれない」という話もあるそうです。

 暑すぎる夏も困りますが、適度な雨があることを願わずにはいられません。

アンケートを送っていただき、ありがとうございました。

 アンケートが続々と届いています。返信していただき、ありがとうございました。それぞれの要望などに全て応えられないかもしれませんが、出来るところは少しずつでも改善出来れば、と考えています。なお、「好きな野菜、嫌いな野菜」などを宅配に反映させていくには少し時間がかかるかもしれませんが、ご了承ください。

旬をおいしく  ズッキーニ

 ズッキーニがたくさんとれています。いろいろとご活用ください。くさぶえ農園では、ズッキーニのオーブン焼き、ズッキーニのフライが人気です。今回は再掲となりますが、オーブン焼きを紹介します。

ズッキーニのオーブン焼き

材料

 ズッキーニ 1本
 タマネギ、ニンジン、きのこなどのあり合わせの野菜少々
 ニンニク ひとかけ
 ハム、ソーセージ、ベーコンなど少々
 オリーブ油 大さじ2
 卵 1個
 チーズ・パン粉 各少々
 塩・コショウ 各少々

作り方

  1. ズッキーニはヘタとシッポのところを切り、縦2つ割りにする。その外側を6、7mm残し船形にくり抜く。くり抜いた部分もとっておく。
  2. ①でくり抜いたズッキーニとハムなど、そして、あり合わせの野菜を5mm角ぐらいに細かくきざむ。
  3. フライパンにたっぷりのオリーブ油を熱し、みじん切りのニンニクを炒め、香りが出たら②を炒め、しっかりめに塩、コショウをする。
  4. 野菜に火が通ったら、溶き卵を加えて半熟ぐらいに火を通す。
  5. ①のズッキーニに④をつめ、上にチーズとパン粉をふりかけ、200℃のオーブンで25~30分焼いたら完成!

 ズッキーニのフライは、厚さ1cmぐらいの輪切りにしたズッキーニに衣をつけて揚げます。熱々を食べると、衣がサクッとして、ズッキーニがジューシーで病みつきになります。

 また、生のズッキーニを1~2mmに薄くスライスして、食べ易い大きさに輪切りやいちょう切りにしたものをサラダに散らして食べてみてください。食感も良く、美味しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする