通信くさぶえ 569号

来週からミニ野菜セット「春待ちセット」をお届けさせていただきます。

 前回の通信で、3月の途中からミニ野菜セット「春待ちセット」に切り替えさせていただくことになるかもしれません、と書きましたが、来週3月13日(水)のお届けから切り替えさせていただきたいと思います。少し野菜の在庫に余裕を持って、ミニ野菜セット「春待ちセット」に移行することで、今まで以上に充実したミニ野菜セットにしていこうと考えていますので、宜しくお願い致します。

 今年は、長ネギやニンジン、ナガイモなどを畑でそのまま越冬させてみたり、4月頃に収穫出来るようにナバナやキャベツを越冬栽培してみたり、と新しい試みに取り組んでいます。どれだけ上手く収穫までいくのか、やってみなければ分からないことも多いのですが、昨年以上に充実したミニ野菜セットを途切れることなくお届け出来たら、と思っています。

 それでも、4~5月にかけては、野菜の状態によって昨年のように「春待ちセット」のサイズを1種類に統一させていただくこともあるかと思います。また、お休みをいただくこともあるかもしれません。ご迷惑をお掛けしますが、通信でお知らせしながら進めていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 ミニ野菜セット「春待ちセット」は、昨年同様に3種類のサイズをご用意させていただきます。通常の宅配でお届けしている9種類前後の野菜が7種類になるという内容で、通常の宅配のサイズや配達パターンと同じようにお届けさせていただきます(値段は1箱分、送料込みです)。

通常の宅配で「Lパック」の方 → 「春待ちセット L」 2,835円(うち消費税分135円)
通常の宅配で「Mパック」の方 → 「春待ちセット M」 2,415円(うち消費税分115円)
通常の宅配で「Sパック」の方 → 「春待ちセット S」 1,995円(うち消費税分95円)

 お届けする野菜は、ジャガイモ、ニンジン、大根、ゴボウ、ナガイモ、小松菜、ホーレンソウ、水菜、からし菜、オークレタス、葉大根、カブ、ルッコーラ、ナバナ、キャベツ、長ネギ、お餅などの予定です。野菜の状態によってお届けする野菜の種類や量が変更する場合もありますが、ご了承ください。また、「春待ちセット」のみ、サイズなどの変更を希望される方は、お手数ですが、ご連絡ください。

この冬はやはり寒かったようです。

 気象庁によると、今冬(昨年12月~今年2月)の天候は、沖縄・奄美を除き全国的に「寒冬」だったそうです。北・東日本は2年連続、西日本は3年連続の寒冬になります。80年代後半から暖冬傾向が続いていたため、連続して寒冬になるのは東日本では83~85年度、北日本では83~87年度以来です。気象庁は、北日本では冬季3カ月間の平均気温が平年より0.4度、東・西日本では0.2度下回ると「寒冬」と位置付けているそうです。やはりこの冬も昨年に引き続き、寒かったようです。

 毎回載せている小松菜の苗も本葉がはっきりと見えるようになってきました。そろそろハウスに定植します。

News569

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする