通信くさぶえ 549号

サツマイモが豊作です!

 先週は、この夏に体験学習に来た自由の森学園の高校生2名が休みを利用してやって来ました。夏に来た時に、キャベツやブロッコリー、白菜などの苗を定植するのを手伝ってもらいましたが、その野菜たちが大きく育っていることに驚いていました。

 6日間の滞在期間中、出荷作業やサツマイモ掘りなどを頑張って手伝ってもらいました。先週からお届けさせていただいている紫イモの「パープルスイートロード」を掘り上げて、続いて「鳴門金時」も残り4分の1ほどまで掘り上げてもらい、大助かりでした。今年は「パープルスイートロード」も「鳴門金時」も大きな形の良いイモが沢山付いていて、収穫もはかどりました。この夏の天候が良かったことや、土作りの効果が出てきたこと、また昨年重機で掘った溝のおかげで(通信466号参照)、サツマイモ畑に大雨時に土砂の流入が最小限で済んだことなど、様々な要因が功を奏して豊作につながったと思います。

 大きめなイモが多いため、少し増量してお届けさせていただきます。また、近くの有機農家さんからサツマイモの貯蔵について教えていただき、上手くすれば来春まで傷まずに貯蔵できるかもしれません。例年よりも長くサツマイモをお届け出来るかな、と期待しているところです。

News549

 それでも、少し皮が剥けてしまったものや、ネズミに少しかじられたけど切り落とせば問題のないものなど、貯蔵には向かないイモが多数あります。「サツマイモを沢山欲しい!」という方はご一報ください。「もっと、くさぶえ野菜」に加えさせていただきます。先週から野菜に同封している登録用ハガキに書き加えてください。既にハガキを送ってくださった方で登録してくださる方は、お手数ですが、連絡をして下さい。宜しくお願い致します。

「もっと、くさぶえ野菜」に追加します!
サツマイモ
 「パープルスイートロード」
 「鳴門金時」
どちらの品種も500g 250円

間引きニンジンをお届けさせていただきます。

 くさぶえ農園では、年間4作のニンジンを栽培していますが、シーズン最後の冬用のニンジンがやはり美味しいし、貯蔵用にするため一番多く作付けしています。例年7月中に種まきをするのですが、干ばつのために発芽が揃わず、急遽8月に入ってからまき直しました。まき直し後は丁寧に畑に水やりを繰り返して、なんとか発芽が綺麗に揃いました。そのニンジンが順調に大きくなってきていて、ホッとしているところです。

 今週から間引きニンジンをお届けさせていただきます。この時期の葉は柔らかくて天ぷらにすると美味しいです。ニンジンの根の部分はそのまま生でボリボリ食べても美味しいし、軽く茹でてもいいですね。

 これからの時期、間引きニンジンに続いて、間引き大根、間引きカブなどをお届けさせていただきます。なかなかスーパーなどでは見られない、間引きの柔らかい野菜を丸ごと味わってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする