通信くさぶえ 537号

暑い日が続いています。

 梅雨明けしたのでは、と思わせるような暑い日が続いています。畑の野菜たち、特にハウスのトマトやキュウリたちがこの温度変化についていけていないようです。ハウスの換気をよくしたり、水やりをしていますが、なかなか思うように管理出来ていません。この暑さで野菜たちだけでなく、人間も調子を狂わさないように気を付けたいと思います。

新ニンニクをお届けさせていただきます。

 ニンニクをようやく収穫しました。今年のニンニクはあまり大きくならず、形も不揃いのものが多いです。少しずつですがお届けさせていただきます。しっかりと乾燥はさせていませんが、新ニンニクならではの瑞々しさをお楽しみください。長く保存されたい方は、風通しの良い所にネットなどに入れて陰干ししてください。

News537

旬をおいしく  ビーツ

 今年もビーツを作ってみました。好き嫌いがはっきりした野菜ですが、素朴な風味が世界の広範囲で好まれています。フランスでは、食欲増進や頭痛に効くとされ、健康のためによく食べられているそうです。ビーツは、サラダやポタージュ、そしてグリルなどいろいろと楽しめます。我が家ではどれも大人気です。今回のように、カブや大根なども一緒にグリルしてサラダ風に召し上がってはいかがでしょうか?

グリル野菜のサラダ(2人分)

材料

 ビーツ 1ヶ
 カブ 2ヶ
 大根 適量
 レタス 適量
 塩、コショウ、オリーブ油 各適量

作り方

  1. ビーツは皮をむき、厚さ1cmぐらいの輪切りにする。
  2. カブや大根は好みの量を用意して、食べやすい大きさに切る。厚さが2~3cmになるように葉を少し残して縦割りに切る。あまり薄く切らない方が野菜の甘みが楽しめます。
  3. オーブンの天板にクッキングシートを敷き、①と②を並べて塩・コショウ・オリーブ油をかける。この時オリーブ油は少なめで良い。
  4. 200℃に予熱したオーブンに③を入れて、20分ぐらい様子を見ながらグリルする。竹串をさしてみて、スッとささったらOK。
  5. レタスを食べやすい大きさにちぎって皿に敷き、その上に④を散らして並べる。仕上げにもう一度オリーブ油をかけると香りが良い。

■レタスは味を付けなくてもグリル野菜と一緒に食べるので大丈夫。レタスにしっかりと味を付けたい場合にはドレッシングや塩をかけて和えてください。

■根菜を最初に1、2分さっと茹でておくと柔らかくなって食べ易いです。その際、ビーツは別に茹でないと、他の根菜に色が移ってしまいますので、ご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする