通信くさぶえ 535号

新タマネギをお届けします。

 お待たせしました、新タマネギをお届けさせていただきます。前回の通信に書きましたが、葉タマネギを全てのお客様にお届けすることが出来なかった分、これからの新タマネギを味わっていただけたらと思います。

 今年のタマネギは、昨年10月に植え付けた苗の出来が良かったのですが(通信503号参照)、今春の寒さのせいか、思ったより小ぶりのものが多いようです。それでも中玉クラスが揃っているようなので、調理の際に扱い易いのではないかと思っています。

キュウリや間引きニンジンもお届けしていきます。

 今年は少し出足が遅めですが、いよいよキュウリや間引きニンジンもお届けさせていただきます。キュウリはまだ1日に20本弱しかとれず、まだまだ全員にお届けすることが出来ませんが、いよいよ夏野菜の季節がやって来ます。沢山お届け出来るようになるのを楽しみにしていてください。

 4月に播いたニンジンも順調に育ってきています。まずは間引きニンジンをお楽しみください。この時期は葉も柔らかくて美味しいです。葉は、葉柄のかたい所を除いて、刻んでパセリ代わりに使ってください。とても風味が良くて重宝すると思います。刻んだ葉は冷凍しておくと便利です。また、ニンジン葉の天ぷらも絶品ですよ!

ブログを分かり易いように作り変えています。(その5)

 今回も「くさぶえ野菜と出会えるお店」を紹介させていただきます。

■ラ・リングア・オチアイ

 (東京都港区赤坂9-5-26 パレ乃木坂 1F、℡ 03-5785-9245、http://la-lingua-ochiai.blog.ocn.ne.jp/blog/)

 世界的にも有名なアコーディオニストのcobaさんがオーナーのイタリアンレストランです。望月の職人館の北澤さんからの縁で、くさぶえ野菜を使っていただいています。研修先の師匠の由井さんの野菜と共に、メニューにくさぶえ農園の名も挙げていただいております。

 明るく開放的な店内にはcobaさんの音楽が流れています。くさぶえ野菜も加わった、20品目の野菜サラダは、濃い味付けを必要としない素材の味を大事にしたものでした。また、無添加の生ウニのクリームソースパスタは絶品!でした。

 無農薬野菜にこだわって使ったり、イタリアから直送したホワイトアスパラ、根室から直送の無添加の生ウニなどを使ったり、素材の味を大事にした作りは、シェフの平木さんの真摯な姿勢が感じられます。cobaさんの美味しいものへのこだわりが形になっているんだな、と感じました。

 cobaさん、シェフの平木さん、スタッフがくさぶえ農園にやって来たこともあります。その様子の一部は、テレビ東京で放映されたソロモン流でも紹介されました。

Linguaochiai

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする