通信くさぶえ 530号

お待たせしました!いよいよ通常の宅配を再開します!

 いよいよ通常の宅配を再開します。5月23日(水)のお届けから通常の宅配を再開する予定でしたが、5月に入ってからの寒さのため、露地野菜の生育が遅れてしまいました。そのため、5月23日(水)と26日(土)のお届け予定分はお休みさせていただきました。お休みをお知らせする郵便の到着が遅くなってしまったお客様もいたようで、お届けを予定していたお客様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。今回のような急な変更などには、登録していただいているメールをもっと有効に利用させていただくなど、課題が見えてきました。

 今年は畑の雪がなかなか消えず、農作業の開始が遅れていました。4月に入ってからも寒暖の差が激しく、また寒い日も多かったです。5月に入っても遅霜の注意報が出て、13日には最低気温がマイナス1℃まで下がりました。27日は小さい雹も降りました。野菜の生育もそろわなかったり、少しずつずらしながら栽培している野菜の生育が追いついてしまったりしています。

 なんだか変な天気が続いていますが、そのせいなのか、今年はコブシの花がほとんど咲きませんでした。いつもならソメイヨシノが咲いた後ぐらいに山々の所々に白い花が見られるのですが、今年はなかなか見ることが出来ませんでした。部落の集まりでも話題になり、地元のおじいちゃん達も「こんなことはあんまりない」と言っていました。この辺りでは、コブシの花の咲き具合を見て、今年の農作物の作柄を占うようですが、今年の天候はどうなるのか、心配になります。

 異常気象にどう対応していくのか、なかなか難しいところですが、その中でも安定した野菜作りが出来るように努力していきたいと思います。この冬の間に有機農業の土作りについて更に勉強してきましたが、そのことを自分なりに実践していきたいと考えています。

 今シーズンも宜しくお願い致します。

アンケートを送っていただき、ありがとうございました。

 多くのお客様からアンケートに記入して返信していただきました。改めて、こういったお客様に支えられて野菜作りをしているんだと感じています。ありがとうございました。それぞれの要望などに全て応えられないかもしれませんが、出来るところは少しずつでも改善出来れば、と考えています。

 アンケートに「長野の放射能について知りたい」という声がありました。くさぶえ農園のブログでは、長野県公式ホームページ web site 信州の「放射線等に関する情報」にリンクを張らせていただいています。くさぶえ通信上でも定期的にお知らせしていくことも必要ではないか、と思いました。

 長野県の発表によると、「空間放射線量は平常値の範囲内で推移して」いて、「水道水、農産物等の放射性物質については不検出または、暫定規制値以下」となっています。

 最近の測定結果では、5月15日に採取した佐久市内の露地レタスの放射性セシウムは検出下限値以下でした。また、子供も通っている最寄りの小学校の空間放射線量の測定値は、0.07μ㏜/h(地上5cmで測定)、0.07μ㏜/h(地上50cmで測定)でした(望月小学校、5月16日測定)。

 くさぶえ野菜は直接、放射性物質の測定を今のところ行っていませんが、お客様への情報提供の一つとして今後検討していきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする