通信くさぶえ 512号

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 秋の暖かさが嘘のように寒い日が続いています。農園では連日最低気温がマイナス10℃を下回っています。昨年はくさぶえ野菜を食べていただきましてありがとうございました。新年の挨拶も兼ねてカレンダーをお届けさせていただきます。お客様からも年賀状をいただきましたが、こちらから送らずに失礼しました。カレンダーのお届けで年賀状の代わりとさせていただきます。

 昨年は東日本大震災、東京電力福島第1原発事故と未曾有の事態に見舞われました。本当に色々なことを考えさせられた1年でした。その中でも、野菜作りが続けられて、くさぶえ野菜を待っていてくださるお客様がいることは本当に幸せなことだと実感しています。

 また、温暖化の影響で異常気象が当たり前になりつつありますが、土壌分析を適宜行い、畑の状態を把握しながら無駄のない施肥設計を行うこと、堆肥を主体として特にミネラルの補充を行うこと、太陽熱養生処理を取り入れながら草と上手く付き合うことなど、これまでの取り組みによって、ミネラル豊富な質の高い野菜を作っていける手応えを感じています。このように土づくりをしっかりと行い、健全な野菜を育てていくことが異常気象に対する最大の備えであると考えています。

 加えて、日本のTPP交渉参加など日本の農業をめぐる状況は一層厳しいものになることが予想されます。そんな中でも、くさぶえ農園は安心・安全で美味しい野菜作りを続けていくことが大事であると考えています。そうしてお客様との信頼関係を築いていくことがTPPに対する最大の備えになるのではないか、と思っています。

 今年は今まで以上にお客様に満足していただけるような、安全・安心で美味しいくさぶえ野菜をお届け出来るように頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

大塚さんのお米のちらしを同封します。

 くさぶえ農園でお薦めしています、大塚さんのあしない農園のお米のちらしを同封させていただきます。昨年はお米も沢山収穫出来て、また、放射性物質も非検出だったそうです。既に食べていらっしゃるお客様にも改めてお知らせさせていただきます。くさぶえ農園の野菜と共に、安全・安心で美味しいお米も食卓にどうぞ。

大根と長ネギについて・・・

 大根は昨年よりも保存環境を整えることが出来て、2~5℃ぐらいで保存してきましたが、それでも少し温度が高いようで根の先端に腐りが出てきたものが見られます。出荷の際に先端を切り落として確認しながらお届けさせていただきますので、ご了承ください。問題なく食べられると思います。保存庫の中でも温度差が若干あるようで腐りが見られたのは全体の4分の1ぐらいのようです。これ以上腐りが広がらないように、ハウスの扉を開けて0℃に近い温度で保存出来るように試みています。

 一方、長ネギは納屋の土ムロに掘った穴の中に並べて上からモミガラをかけて保存しています。しかし、これでは少し保存温度が高いらしく、生長点が伸び始めてきました。モミガラの中で軟化しているため、出荷の際に折れ易くて困っています。その分、増量してお届けさせていただきますので、宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする