通信くさぶえ 496号

台風の被害はほとんどありませんでした。

 8月25日に発生した台風12号は、9月3日から4日にかけて四国、中国地方を通過して紀伊半島を中心に記録的豪雨となり、深刻な被害をもたらしました。日本上陸前の予想進路では長野県に直撃する恐れもありましたが、次第に西へと進路がずれていきました。時折強く吹く風があったり、雨が強く降ることもあったりしましたが、農園ではほとんど被害はありませんでした。被害に遭われた方々には申し訳ありませんが、直撃にはあわずにホッとしてしまいました。

 ただ雨が多かったせいで、今週には掘り上げてしまおうと思っていたニンジンが畑で腐ってしまったものが多かったのが残念でした。まだ無事なニンジンを確認しながらお届けさせていただきます。

 それでも、台風の進路がずれていれば長野県直撃コースもあった訳で、改めて自然の脅威には人間は太刀打ち出来ないということを思いました。地震や台風は、その中で人間はどう生きていくのか、ということを突き付けている気がします。

自由の森学園の夏の体験学習 2011 感想文 PART.5

 村越聖也君は通信492号で紹介した村越仁美さんのお兄さんで、今回兄妹で日程は別々ですが参加していただきました。

News496

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする