通信くさぶえ 490号

キュウリががんばっています。

 台風6号は、インターネットの予報では農園の周囲でも風速14mにもなると出ており、戦々恐々として果菜類を支柱に結びつけたり、ハウスのビニルがはがされないように補強したりしていましたが、風雨がそんなに強まることなく過ぎて行ってしまいました。全国各地で激しい雨が降ったようですが、野菜に被害がなくてホッとしました。台風が去っていくと、今度は秋を連れてきたようで、朝晩急に涼しくなってきました。例年、お盆を過ぎると急に秋めいてくるのですが、それが半月以上早まったような感じです。

 台風の影響による日照の減少と気温の低下で、毎日100本以上とれていたキュウリの収量が100本を割り込むようになり、短めのものや曲がったものが増えてきました。また、うどんこ病やべと病の症状の葉も急に目立つようになってきました。

 ところが、その後朝晩の涼しさは続いていますが、日中の暑さと日差しが戻ってくると、キュウリは正直に反応して一斉に実を付け始め、また100本以上収穫出来るようになってきました。

 このキュウリはハウス栽培のもので生育期間も終わりに近づいてきています。もうしばらくして露地栽培のキュウリへと収穫は移っていきますが、それまでの間もうひとがんばりしてもらいたいところです。

キャベツについて・・・

 「今年のキャベツは美味しい!」との声が届いています。春の強風でマルチがはがされてしまうというハプニングもありましたが、順調に生育してきました。他の野菜にも言えることですが、ここ数年土壌分析を行って、入れる肥料を調整してきた結果、土壌の養分バランスが整ってきたように思います。そのため、野菜が作りやすくなってきているのを実感しているところです。

 前置きが長くなりましたが、先週からお届けしているキャベツは順調に育ってきたのですが、台風やその前の雷雨などの影響で軟腐病が広がってきました。まだ罹病していないキャベツをお届けするため、球が小さめとなりますがご了承ください。また、数枚葉をむいて確認したものもあります。併せてご理解いただければ幸いです。

アンケートからお客様の声を紹介します。

 いつも美味しいお野菜をありがとうございます。
 今年の春待ちセットは大変助かりました。紅芯大根があると嬉しいです。夏のお野菜もたのしみにしております。また、変わったズッキーニやその他のお野菜がありましたら、教えていただけますと幸いです。卵はまだ再開になりませんか?
 夏は一度遊びに寄らせてくださいませ。今後ともよろしくお願い致します。

 少し間が空きましたが、アンケートからお客様の声を紹介させていただきます。「春待ちセット」は好評のようで嬉しく思っています。今後は内容の充実と出来るだけ途切れることなくお届けしていけるようにしたいと考えています。

 また、夏休みで信州に遊びに来る方もいらっしゃると思います。その際、都合がよろしければ農園にお立ち寄りください。援農も大歓迎です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする