通信くさぶえ 488号

梅雨が明けました。

 7月9日に関東甲信地方も梅雨明けしました。今年は観測史上2番目に早い梅雨入りでしたが、梅雨明けも平年より12日早く、昨年より8日早いものとなりました。今年の梅雨はまとまった雨も降りましたが、それ以上に暑い日が多く、全国各地で6月の観測史上最高気温を記録していました。

 ハウスで栽培しているキュウリは、この暑さにかん水が追い付かずにカルシウム欠乏の症状が出てしまった株もありました。それでも毎日のかん水とカキ殻の葉面散布などのおかげで側枝を伸ばして回復してきています。

 梅雨明けした10、11日には、午前中晴れて気温が上がり、午後はゲリラ雷雨というのか、ものすごい雨が降る天候が続いています。この雨のおかげで、畑に雨水が流れ込まないように掘った溝が一部あふれて、畑に雨水が流れ込んでしまった所も出てきてしまいました。それでも溝のおかげで被害は小さいものとなっています。

 また11日には、収穫期を迎えたニンニクをタマネギと同じように、地面から引き抜いて畑に並べて半日ほど乾かしていたのですが、この日は昼頃と夕方の2回も激しい雨となってしまい、せっかくのニンニクを雨に濡らしてしまいました。慌ててハウスに運んで広げて乾かしました。画像はニンニクを畑に並べて乾かしているところです。この時点ではいい天気で昼頃から天候が急変するとは思いもしませんでした。

 今年はニンニクを少しずつですが、全員に1回ぐらいはお届けしたいと思いますので、楽しみにしていてください。

News488

旬をおいしく  ズッキーニ

 ズッキーニが毎日20本以上とれるようになってきました。いろいろとご活用ください。くさぶえ農園では、ズッキーニがたくさんとれてきたら、やっぱりオーブン焼きが人気です。しばらく紹介していなかったので、再掲させていただきます。

ズッキーニのオーブン焼き

材料

 ズッキーニ 1本
 タマネギ、ニンジン、きのこなどのあり合わせの野菜少々
 ニンニク ひとかけ
 ハム、ソーセージ、ベーコンなど少々
 オリーブ油 大さじ2
 卵 1個
 チーズ・パン粉 各少々
 塩・コショウ 各少々

作り方

  1. ズッキーニはヘタとシッポのところを切り、縦2つ割りにする。その外側を6、7mm残し船形にくり抜く。くり抜いた部分もとっておく。
  2. ①でくり抜いたズッキーニとハムなど、そして、あり合わせの野菜を5mm角ぐらいに細かくきざむ。
  3. フライパンにたっぷりのオリーブ油を熱し、みじん切りのニンニクを炒め、香りが出たら②を炒め、しっかりめに塩、コショウをする。
  4. 野菜に火が通ったら、溶き卵を加えて半熟ぐらいに火を通す。
  5. ①のズッキーニに④をつめ、上にチーズとパン粉をふりかけ、200℃のオーブンで25~30分焼いたら完成!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする