通信くさぶえ 483号

大雨の後、暑くなってきました。

 先々週末の「もういらない」程の大雨の後は、いい天気の日が多く、夏を思わせる暑い日も多くなってきました。天候の変化に身体がなかなか追いついていきませんが、畑の野菜たちは喜んでいるように見えます。野菜以上に雑草も喜んでいるようで、これからは雑草対策が本格化していきます。

 今年は畑の雑草を全てなくしてしまうのではなく(土台無理な話ですが)、野菜の生育の邪魔をしない程度に管理をする方法を模索していこうと考えています。これまでの大雨の経験から、畑に雑草があった方がそこの土が流されにくかったこと、また畑が冠水しても雑草があった方が乾きやすかったことが見受けられました。また昨夏のような暑さの中でも、雑草がある畝間、あるいは雑草を適度に刈って敷き草になっているような畝間は乾燥しにくかったようです。雑草を全て邪魔者とするのではなく、適度に管理をしていければ、異常気象の中でも野菜の生育にプラスになるのではないか、また、除草の省力化にもなるのではないか、と考えるようになりました。とは言え、この雑草の管理はなかなか難しいと思います。今年はいろいろと試しながらノウハウを蓄積していこうと思っています。

旬をおいしく  葉タマネギ

 6月に入って、ミニキャベツ、小ネギ、葉タマネギなど少しずついろいろな野菜が出来てきました。葉タマネギは柔らかい葉までまるごと味わってみてください。毎年のご紹介になってしまいますが、農園では葉タマネギが出来ると食べたくなるのが油味噌炒めです。味噌汁やスープにしても美味しいですよ。

葉タマネギの油味噌炒め

材料

 葉タマネギ 2~3ヶ(根はくし形に、茎は4~5cm長さに刻む。)
 ゴマ油 大さじ1~2
 A
  味噌 大さじ1
  砂糖 大さじ1~2
  酒・みりん 各小さじ2

作り方

  1. フライパンにゴマ油を熱し、刻んだ葉タマネギを炒める。
  2. 7~8割火が通ったら、Aをからめるようにまわし入れ、ざっと炒め合わせて出来上がり。

■調味料はお好みで調節してください。甘めにするとご飯がすすみます。甘さを控えるとお酒のお供に。

アンケートからお客様の声を紹介します。

 今回もお一人紹介させていただきます。非常に元気をいただいたアンケートの一つです。ありがとうございました!

 誠実なお野菜をお届けいただきありがとうございます。
 原発事故を端に、ますます安全な食品を手に入れる事が難しくなってゆく中で、当たり前に安全でおいしい野菜をいただけることに感謝しております。
 どんどん新しいお野菜にチャレンジして下さい。
 皆で支えます。どうぞ元気な野菜をお届け下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする