通信くさぶえ 472号

3月からミニ野菜セット「春待ちセット」をお届けします!

 ここ数年、少しでも長くお客様にくさぶえ野菜を食べていただくことが出来ないか、と試行錯誤してきました。昨春は内容が少なめのミニ野菜セット「春待ちセット」を3月末~4月前半にお届けすることが出来ました。目標は通年でくさぶえ野菜をお届けすることですが、この時期は冬から春への季節の変わり目で、野菜の種類や栽培方法など課題がまだまだあります。

 今年は昨年よりも長くお届けしたいと思っていますが、昨年の異常気象や新しい貯蔵方法の失敗など様々な要因から、通常の宅配は2月末で終了させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、3月からは引き続き、ミニ野菜セット「春待ちセット」をお届けしたいと思います。通常の宅配のサイズ(L、M、Sパック)に関わらず、サイズは1種類のみで(Sパックの箱でお届けする予定です)、通常の宅配の配達パターンと同じようにお届けさせていただきます。

 上手くいけば、4月末頃までお届け出来るかと思いますが、上述のようにまだまだ試行錯誤の段階ですので、途中で1回お休みをいただいたり、4月末まで行かずに終了してしまったりする可能性もあります。お客様と連絡を取りながら試していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ミニ野菜セット 「春待ちセット」 1箱 2,000円(箱代・送料込み、うち消費税分95円)
 お届けする野菜は、ジャガイモ、ニンジン、小松菜、ホーレンソウ、水菜、からし菜、オークレタス、葉大根、カブなどの予定です。また、お餅や白菜キムチなども1回はお届けしたいと考えています。野菜の状態によってお届けする野菜の種類や量が変更する場合もありますが、ご了承ください。

旬をおいしく  花豆

 今シーズンは花豆は不作で、全員にお届け出来なくてすみません。定番の甘煮を紹介します。ゆでた花豆と大豆を使って、サラダ野菜と一緒にドレッシングで和えた、豆サラダも美味しいですよ。

花豆の甘煮

材料

 花豆 150~200g
 砂糖 3/4~1カップ弱(砂糖は花豆と同量が基本)
 塩 小さじ1/4

作り方

 花豆は5倍ぐらいの水に浸け、1晩かけて十分に吸水させ、丸くふくらんでシワがないぐらいにしておきます。

<圧力鍋の場合>

  1. 吸水させた花豆を浸け汁ごと圧力鍋に入れて煮る。
  2. 1回目は、加圧し7分ぐらい煮て、じっくりと冷ました後、ゆで汁をこぼし取り替える。
  3. 2回目は、加圧し5分ぐらい煮て、またじっくり冷ます。その後、お好みの味に調味する。

<普通の鍋の場合>

  1. 吸水させた花豆を浸け汁ごと鍋に入れて、中火にかけて煮る。
  2. 煮立ったらゆで汁を捨て、新しく豆の5倍ぐらいの水を入れて、中火にかけ、煮立ったら弱火にして蓋をして、吹きこぼれないくらいの火加減で柔らかくなるまで煮る。その後、お好みの味に調味する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする