通信くさぶえ 468号

ミニ大根をお届けします。

 今年の大根の貯蔵について通信461号で紹介しましたが、12月が暖かい日が多かったせいか、例年より早く、大根に傷みが入り始めてしまいました。特に貯蔵ハウスの中でも暖かくなってしまった所にあった大根に傷みが見られました。土と木材チップを盛ったおかげで、外気温がマイナス13℃でも中はマイナスにならずに大根やキャベツ、白菜は凍りませんでした。しかし、ハウス内の昼間の温度をもっと下げなければいけないという課題が浮き彫りになってきました。

 それでも、まだ傷んだ箇所は小さく、その部位を取り除けば十分美味しく食べられるので、それらの大根60kgほどを漬物にしてみました。知り合いから教わった、我が家では人気のべったら漬け風の漬物です。こちらは来週からお届けする予定ですので、楽しみにしていてください。

 ハウス内の昼間の温度を下げるために、貯蔵中ではありますが、思い切って屋根の部分を透明ビニルから遮光シートに代えてみました。おかげでハウス内の最高気温が下がり、貯蔵にかなり良い状態になったのではないか、と思っています。貯蔵方法も試行錯誤の連続です。少しでも良い状態で貯蔵出来るように、これからも考えていきたいと思います。

News468

 普通の大きい大根に代わって、これからはミニ大根をお届けしていきます。ミニ大根は貯蔵ハウス内でも比較的陽の当らない所にあったので保存状態は良いものが多いです。通信460号に書きましたが、今年は普通の長さの大根の他に、短形のミニ大根をいろいろと作りました。冬場の宅配に毎回続いてしまう大根が多過ぎると言われることが多く、せめて小さめの大根も用意出来ないだろうかという試みです。1回食べきりサイズは使い易いのではないでしょうか?食べてみた感想などを聞かせていただけたら嬉しいです。

中村自然農園のリンゴがまだあるそうです。

 先週までで宅配のお客様ほぼ全員に中村自然農園のリンゴがお届け出来ました。今年のリンゴはどうでしたか?直接、中村自然農園に注文された方もいらっしゃった、と聞いています。ありがとうございました。

 その中村さんのリンゴですが、収量が平年より少なめだったので注文を控えめに受けていたのですが、その結果、リンゴの在庫がまだ結構あるそうです。中村さんより、くさぶえ農園のお客様に宣伝して欲しいと連絡がありました。

 よろしければ、この機会に中村さんのリンゴをご注文ください。お問い合わせの際には、「くさぶえ農園から紹介されました」と伝えてください。リンゴと共にちらしをお届けさせていただきましたが、問い合わせ先を再掲します。

中村自然農園
Tel/Fax 0263-77-2723
http://www.geocities.jp/nakamurashizen/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする