通信くさぶえ 392号

宅配を再開します。今シーズンもよろしくお願いします。

 お待たせしてすみません。今年はおかしな天候です。葉書にも書きましたが、4月28日には最低気温がマイナス3.7度まで下がり、かなり野菜がダメージを受けました。5月に入っても最低気温が0.2度(5月14日)、0.5度(5月15日)になる日があるかと思えば、最高気温が29度(5月10日)になる日があったりと寒暖の差が激しすぎて、野菜たちが大変そうです。これからの今年の天気はどうなるのでしょうか。これも温暖化の影響なのでしょうか。こういった天候の中での農業はさらに難しくなっていくようにも思われますが、野菜を安定して育てていけるように、今シーズンもいろいろと取り組んでいきたいと思っています。今シーズンもよろしくお願いします。

旬をおいしく  大根・カブ

News392
写真は塩、コショウとオリーブ油をかけた品です。少し大ぶりに切ると見栄えがいいようですし、大根とカブの甘味が楽しめると思います。

 最近、我が家で大人気の食べ方です。子供たちも争って食べています。メインの魚やお肉などのおかずを食べるよりも先に食べるので、「野菜ばかり食べてないで、他のおかずも食べなさい」と言うこともあるくらいです。

 最初に書いたように、塩とオリーブ油で食べても十分美味しいです。ちょっとひと手間かけるなら、アンチョビソースをかけて食べると一味違った味わいになると思います。

大根とカブのグリル

材料

 大根、カブ 適量
 塩、コショウ 少々
 オリーブ油 少々

作り方

  1. 大根とカブを食べやすい大きさに切る。間引きの大根なら、葉を4、5cm残して切り、4つか8つの縦割りに切る(2、3cm幅ぐらいにしてあまり薄く切らない方がいいです)。カブは葉を少し残して切り、小さいカブはそのままか半割りで、大きいカブは間引き大根と同様に4つか8つの縦割りに切る。
  2. 鍋にお湯を沸かし、塩少々入れて、①をかたさが残るぐらいにさっと茹でる。
  3. オーブン皿にキッチンペーパーを敷き、②の大根とカブを並べて軽く塩、コショウをしてオリーブ油をかける。この時オリーブ油は少なめで良い。そして、250~300度で10~15分ぐらい、様子を見ながらグリルする。
  4. 焼けたら皿に盛り、オリーブ油をかけて出来上がり(このオリーブ油は香り付けです)。

■好みでかたさは調節してください。かためがお好みの方は②の工程を省いてください。

<アンチョビソースの作り方>

材料

 牛乳 100cc
 ニンニク 5かけぐらい
 アンチョビ 10g
 エキストラヴァージン・オリーブ油 50cc

作り方

  1. 皮をむいたニンニクを牛乳で15分ほど芯が柔らかくなるまで茹でる。
  2. ニンニクの水気をきって、まな板の上に広げ、アンチョビと一緒に包丁の腹でつぶして、細かくする。
  3. ②をエキストラヴァージン・オリーブ油でのばして温め、クツクツと軽く煮えてきたら出来上がり。上記のグリルした大根とカブにかけて食べます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする