通信くさぶえ 379号

今まで知りませんでした・・・

 先週、初めて知ったのですが、くさぶえ農園のブログでは携帯電話用のサイトが自動生成されていて、記事の内容を携帯でも見ることが出来ます。「旬をおいしく」を台所でチェックするなど、使い方によっては便利ではないでしょうか?お試しください。

 携帯からブログのトップページアドレスを入力すると、携帯用のページに自動的に移動します。移動後のページをブックマークして下さい。または、ブログや右下にあるQR コードより携帯電話用サイトにアクセスしてください。

News379

※ 現在はここで紹介したブログから当ホームページに移行しています。

旬をおいしく  ビーツ

 今年も色鮮やかなビーツが出来ました。あまりメジャーな野菜ではなく、好き嫌いがはっきりしていますが、サラダやポタージュ、そしてグリルなどいろいろと楽しめて、くさぶえ農園では定番になりつつあります。一緒にお届けするチリメンキャベツとボルシチにしてみてはいかがでしょうか?

ビーツとカブのグリル

材料

 ビーツとカブ 各2ヶぐらい
 塩、コショウ、オリーブオイル 各適量

作り方

  1. ビーツとカブの皮をむき、厚さ7mmぐらいの輪切りにする。
  2. オーブンの天板にクッキングシートを敷き、ビーツとカブを並べて塩・コショウ・オリーブオイルをかける。
  3. オーブンに入れ、250~300℃で15分ぐらいグリルする。竹串をさしてみて、スッとささったら出来上がり。仕上げにもう一度オリーブオイルをかけると香りが良い。

ボルシチ(4人分)

材料

 ビーツ 中2個
 牛かたまり肉(バラ、ネックなど) 600g
 A ニンニク 1かけ
   タマネギ 小2個
   ニンジン 2本
   トマト 2個
   セロリー・ネギ 各1本
   パセリの葉 2本
 B ローリエ 1枚
   固形スープの素 1~2個
 ジャガイモ 3個
 キャベツ 1/4個
 塩 小さじ1・1/2
 コショウ 少々
 サワークリーム 適量

作り方

  1. 牛肉は2つに切り、さっとゆで、ビーツは洗って皮付きのまま、Aの野菜は皮をむき、トマトは丸のまま鍋に入れ、ひたひたの水を加えて火にかける。あくを取ってBを入れ、約1時間煮る。途中で水を補い、塩小さじ1を入れ、肉を好みのやわらかさまで煮る。
  2. ジャガイモは皮をむいて2つに切って水にさらし、キャベツは大きく切る。
  3. ①の肉とビーツ、タマネギ、ニンジン、トマトを取り出し、スープを濾す。鍋に濾したスープと②のジャガイモ、キャベツを入れてやわらかく煮る。
  4. 取り出したビーツは皮をむき、肉と他の野菜とともに食べやすく切って③に加え、塩小さじ1/2、コショウで調味する。器に盛り、サワークリームを添える。
(「毎日の野菜おかず大百科」 家の光協会編より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする