通信くさぶえ 366号

突然ですが、キラキラが急死しました・・・

 報告が遅くなりましたが、8月6日にキラキラが急死しました。毎夕、乳搾りをして本格チーズを作り、家族や周りの人と楽しんでいたのですが、ここのところ余り気味のインゲンをキラキラにあげると、大量に食べてしまい、お腹の中にガスが急激にたまってしまって死んでしまいました。鳴き声が変なのに気付いて、キラキラを見に行くと、お腹をパンパンにふくらませ苦しそうでしたが、獣医に連絡をして応急処置として油を飲ませようとしている中、およそ30分の間にもう動かなくなってしまいました。

 鼓脹症と言って、腐敗発酵した飼料やマメ科植物の食べ過ぎなどで起きるそうです。乾物の豆を大量に食べると胃破裂をするとは聞いていたのですが、生の豆もいけないとは知りませんでした。

 キラキラは、雑草や野菜くずなどをいっぱい食べてくれて、お乳を提供してくれただけでなく、母ヤギが事故死し、そのお腹から帝王切開で救い出され、居間のベビーサークルで1ヶ月ほど授乳して育ちました。美世も樹生もキラキラの成長を見て育ち、キラキラの初めての種付け、出産も立ち会いました。生き物が死ぬまでを間近で見せてくれたことに感謝しています。キラキラ、安らかに。そして、シロちゃんは元気に育てるからね。

自由の森学園の夏の体験学習 2008 感想文 PART.2

News366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする